実は美容の大敵だった!冬の紫外線にご注意を。

実は美容の大敵だった!冬の紫外線にご注意を。

冬にかけて日焼け止めって塗らなくなる方多いのではないでしょうか?ただ秋から冬は紫外線に加えて乾燥もするので注意が必要なんです。

冬の紫外線にはシミになる前に保湿ケアを

行楽の秋やクリスマスも近づいてきて外に出かける機会も多いと思います。みなさん紫外線対策はしていますか?
実は9月、10月は真夏の40~70%に相当する量の紫外線が降り注いでいました。11月からは紫外線の量はぐんっと減りますが、夏に浴びた紫外線により肌の奥ではメラニンが生成され、そのままにしておくとシミの原因になることも…。

そして秋や冬は乾燥しやすい時期なこともあり、シミに加え疲れた肌がシワになってしまうこともあるのです。秋や冬は強い日焼け止めを使う必要はありませんが、SPF20前後のPA+以上のものを使いましょう。

紫外線のダメージは確実に年々蓄積されていきます。
日々の紫外線ケアによって、肌の美しさが保たれるので、紫外線対策に加え、肌の休息と保湿ケアをする事が大切です。

体の内側から出来る紫外線とシミ対策

紫外線を浴びてシミの原因になるものとして「活性酸素」というものがあります。
この活性酵素はコラーゲンを破壊したり、ニキビの原因にもなる厄介者。
この活性酵素をやつける事が出来るのが「抗酸化物質」です。抗酸化物質の代表は、みなさんご存知の「ビタミンC」です。ビタミンCは皮膚にできた黒色メラニンを、無色化する作用もあります。
ビタミンCのサプリメントや野菜、果物などを食べ内側からの紫外線対策と外側からの保湿で、綺麗肌を手に入れましょう。

また肌の新陳代謝(ターンオーバー)が最も活発になる時間帯は、午後10時~午前2時なので、この時間帯にはスキンケアをして眠っているようにしましょう。
関連キーワード

関連記事