今からでも間に合う!冬太り「3大原因」対策

今からでも間に合う!冬太り「3大原因」対策

冬の方が寒くて代謝が悪くなるというのを聞いたことがありますが、本当なんでしょうか?

冬太り3大原因とは?

「寒いと体が冷え、血行不良から代謝が落ちる」という話や逆に「寒いと身体が熱を発生させようとして、体脂肪が使われる」という両極端の話を聞いたことがありませんか?実はこの二つとも正解です。
しかし実際は、年末年始のイベントが重なって食べ過ぎてしまうことが太る要因となっているそうなんです。そして寒いから体を動かす機会が減っていくことも冬太りの原因に。

つまり冬太りの三大原因は 「暴飲暴食」「冷え」「運動不足」。
分かりきった話ではありますが、この対策をするのが冬太りしないための一番の近道なんです。
今回はこの「3大原因」の対策をお教えします。

冬太り「3大原因」の対策

冬太りを防ぐためには、秋のうちから筋肉を作っておくことが大切です。運動するにはちょうど良い季節なので基礎代謝を上げておきましょう。
ウォーキング、腹筋、背筋などを取り入れたり、朝起きた時にストレッチするだけでも、体温が上がるので基礎代謝も上がります。肩甲骨を回すのもオススメ。肩甲骨周辺には脂質や糖質をエネルギーに変換する働きがある「褐色脂肪細胞」が集まっているので、動かしてあげると痩せやすい体になります。
食事中にカテキンなどの脂肪燃焼効果が認められた食品を一緒に飲むのも良いです。

また秋から寒暖差により自律神経も乱れ始めます。手足を温めるように、手袋、マフラーなどをしたり、ゆっくり半身浴し、自律神経も整えておきましょう。
「体温をあげる」「筋肉をつける」「自律神経を整える」この3点に注意して秋のうちから痩せやすい体を手に入れましょう。
関連キーワード

関連記事