捨てるなんてもったいない!玉ねぎの皮の意外な食べ方

捨てるなんてもったいない!玉ねぎの皮の意外な食べ方

ダイエット中だけど食べたい!そんな時は玉ねぎの皮スープがおすすめ。その凄さ、実感してみてください!

玉ねぎの皮に隠された栄養とは?

ダイエット中だけど、食欲が止まらない!
そんな人にオススメなのが、今まで捨てていた玉ねぎの皮で作ったスープです。玉ねぎの皮にはカルシウムなどのミネラルや食物繊維が豊富に含まれています。
特に食物繊維は糖の吸収を穏やかにしたり、お通じを良くする働きがあります。
また、血糖値の急激な上昇を抑えることから、ダイエットのみならず糖尿病にも良いとされています。
なんとお茶に含まれているカテキンの2倍以上もの力で、血糖値の上昇を防ぐ作用が玉ねぎの皮にはあるのです。
こういった成分は外側から4枚目までの皮の部分、つまり、玉ねぎの中心部分よりも外側にたくさん含まれています。

玉ねぎの皮スープってどんな味なの?

今まで捨てていた玉ねぎの皮。食べたことも煎じたこともない人は多いと思います。
なんだか渋そうなイメージですが、意外なことに玉ねぎの皮スープは独特な刺激もなく飲みやすいです。
最初にこのスープを飲み、そのあとにご飯を食べるようにすればお腹も膨れ、食べ過ぎの予防にもなります。
作り置きもできるので、皮だけ取っておいてたくさん作ったものを朝晩で200mlくらいの目安で飲んでみてはいかがでしょう。

玉ねぎの皮スープのレシピ

●材料(2人分)
玉ねぎ(中)の皮2個分
水500ml
お好みの調味料
●作り方
1.玉ねぎの皮をよく洗っておきます。
2.鍋に水を沸騰させ、玉ねぎの皮を入れ、中火で3分煮ます。
3.火を止めてそのまま5分置き、ざるなどで漉して出来上がり。
お好みでコンソメを入れたり、玉ねぎも一緒に煮込んでも良いです。
健康とダイエットの味方!玉ねぎの皮スープの魅力

関連記事