アンチエイジングには読書が効果的?!

アンチエイジングには読書が効果的?!

アンチエイジングに読書?内面からもアンチエイジングケアをはじめてみましょう!

読書でアンチエイジングできる理由

本が好きな方も苦手な方も読書にアンチエイジング効果があるってご存知でしたか?
知識を深めながらアンチエイジングできる理由をご紹介します。

【ストレスを軽減させる効果】
ストレスは美容の大敵ですよね。海外の研究機関の調査によると読書は音楽を聴いたり、気分転換の散歩をしたりする事よりも大幅にストレスを軽減できる効果が期待できるそうです。

【睡眠の質があがる】
美肌に欠かせない睡眠。眠る前に読書をする習慣をつける事で、パソコンやスマートフォンのブルーライトによる刺激を回避できるので、より深い良質な睡眠をとることができます。

【脳のアンチエイジング効果】
読書は脳の前頭葉をつかいます。前頭葉は身体の司令塔となる重要な場所です。この部分を鍛える事で身体への指令もスムーズになります。前頭葉が衰えると何をするのもめんどくさいと感じるようになってしまうので、身体の機能低下や、ハツラツとした表情などが失われ、実年齢より老けて見られてしまう…なんて事も起こってしまいます。


読書のポイントとして、いくら好きだからといって眠る前に、難しい内容の本を読んで脳を疲れさせすぎない事など、その時に合った内容の本をチョイスできるとより効果的と言えますね。

アンチエイジングのための読書時の注意点

アンチエイジングに効果的な読書も何点か気を付けたいポイントがあります!

【眼精疲労】
薄暗い場所での読書は視力低下につながります。
視力が低下すると、普段から目を細めたり、イキイキとした表情にならない為、注意したいですね。

【肩こりや首こりの原因】
長時間同じ姿勢での読書は肩や首に負担がかかり、こりの原因になってしまいます。
肩や首がこってしまうと、血行が悪くなり、お肌のターンオーバーにも影響して乾燥肌になってしまう恐れもあります。

【下を向いた姿勢でたるみ肌に】
読書の際、同じ姿勢で、なおかつ膝に本を乗せるなど下を向いた姿勢の方は要注意です!
短時間なら大丈夫ですが、癖になると頬が重力に負け、たるみやほうれい線の原因になってしまう事も。

せっかくの読書で逆に身体を老化させないように美しい姿勢で読書を楽しんでくださいね。

関連記事