良質な睡眠を取るために!睡眠前に心がけたい習慣を教えます

良質な睡眠を取るために!睡眠前に心がけたい習慣を教えます

美容と健康のために睡眠は必須ですよね。深く良質な睡眠を取ることができれば、それだけ成長ホルモンも出るようになります。

身に着けておきたい食習慣!睡眠の3時間前には食事を済ませましょう

昼食を食べた後はよく眠たくなるものですが、だからと言って眠る前に食べても良く眠れるようになる訳ではありません。身体は休もうとしているのに、胃が消化のためにフル稼働になってしまうため、かえって眠れなくなってしまいます。
眠りを誘うのに適した食事のタイミングは、就寝の3時間前。空腹を感じすぎても睡眠が浅くなってしまうため良くありません。

カフェインを含むものは睡眠の前に摂るのを控えましょう

カフェインには覚醒作用があるため、眠りの妨げになる可能性があります。またその作用は4~5時間も持続するそうです。
コーヒーや紅茶はもちろんですが、ほうじ茶や緑茶、ウーロン茶、コーラや栄養ドリンクなど、多くの飲み物にカフェインは含まれているので注意してください。
夕方以降は、麦茶やそば茶などのノンカフェインの飲み物を選ぶようにしてください。

お風呂に浸かって質の良い睡眠を誘導しましょう

入浴は安眠を誘導するために効果的な方法のひとつです。ただし、暑すぎるお湯は交感神経の働きを活発化して、覚醒してしまうので逆効果。38度程度のお湯で20~30分程度浸かってください。
高ぶった神経が休まって、副交感神経が優位になり、安眠に繋がります。

睡眠前のストレッチで血行を促進しましょう

寝る前に行う簡単なストレッチは、快眠に効果があるそうです。
凝り固まった筋肉がほぐされることで血行が促進されて、副交感神経が高まりやすくなります。
ただし、激しい運動の場合、交感神経が高まって、心身も神経も高まってしまって逆効果なので注意しましょう。

関連記事