いい香りで周囲を虜に!シャンプーの香りを持続させるコツ

いい香りで周囲を虜に!シャンプーの香りを持続させるコツ

ほんのりシャンプーの香りがする女性って素敵ですよね。シャンプーのいい香りを髪に残す、簡単なコツをご紹介します!

シャンプーの香りが長続きしない原因とは?

すれ違った時やふとした瞬間に、ふわっといい香りのする女性って素敵だと思いませんか?
人工的でキツい香水の香りではなく、自然なシャンプーの香りは、男性にもダントツ人気なんです!
同じ女性から見ても、ふんわりいい香りのする女性は好感度が高いですよね。

しかし、シャンプーのいい香りって、なかなか長続きしないもの...。せっかくなら、洗った直後だけでなく、良い香りは持続させたいですよね!

シャンプーの香りが持続しない原因は、「髪の傷み」と「髪が様々な臭いを吸収すること」にあります。
髪の傷みでキューティクルがなくなると、香りを保つことが出来なくなります。また、タバコなど外部の臭いも吸収しやすくなってしまうのです。

ふわっと香るイイ女に!シャンプーの香りを長続きさせるポイント

香りを持続させる為には、「頭皮の臭いを出来るだけ無くす」ことが重要です。
毎日の正しいヘアケアで、ふわっといい香りのするイイ女を目指しましょう!

●お風呂の前にブラッシングをする
シャンプー前に、丁寧にブラッシングを行うことで、髪についた汚れを落としやすくします。
頭皮や髪のホコリ・フケは、頭皮の嫌な臭いの原因に。
また、濡れた髪は絡まりが取れにくいので、濡らす前にブラッシングをしておくことで、ダメージの軽減も出来ます。

●シャンプーの前に、しっかりと髪を濡らす
お湯で髪や頭皮を洗うだけでも、5~8割の汚れは落とせると言われています。
ぬるま湯で、頭皮をマッサージするように洗い流してくださいね。髪表面の汚れも落ち、香りもつきやすくなります。
また、よく濡らしておくことで、泡立ちが良くなり、髪同士の摩擦も減るので、ダメージも減らすことが出来ます。

●しっかり泡立てたシャンプーで洗う
髪や頭皮でシャンプーを泡立てるのはNGです。頭皮で泡立ててしまうと、シャンプーが残り、嫌な臭いの原因にもなってしまいます。
泡立てネットを使うと便利ですよ!

●しっかりと洗い流す
最低でも3分は時間をかけて髪をすすいでください。シャンプーの香りを残したいからといって、しっかりとすすがないのは逆効果です。
シャンプーやリンスが頭皮に残っていると、雑菌が増え、嫌な匂いの原因になります。

●ドライヤーでしっかり乾かす
髪が濡れている状態では、細菌が繁殖し、頭皮が臭う原因に。
シャンプーの香り成分は、空気に触れることで効果が発揮されます。根元からしっかり乾かすようにしましょう。

香りは、人の記憶に残りやすいと言われています。毎日のヘアケア方法を少し気を付けるだけで、シャンプーの香りがふんわり香る、素敵女子になれちゃいます。
ぜひ試してみてくださいね!
関連キーワード

関連記事