年代別の肌とスキンケア法

年代別の肌とスキンケア法

スキンケアに大切なことは、「過不足がない」ことです。そのときの肌の状態に合わせて、必要なものを必要な分だけ適切なスキンケアをすることが大切!

20代の肌のために大切なスキンケア

20代はまだ肌が丈夫なので、十分に美しいですが、この時期に誤ったケアを続けていたり、基礎的なスキンケアを怠っていると、後で大変なことになります。

この年代に多いのは、香料や刺激の強い化粧品や、過度なクレンジングによる肌の負担が招く肌トラブルです。クレンジングできちんとメイクが落とせていないと肌荒れを引き起こしますし、過度なクレンジングで皮膚を乾燥させ、傷つけていることも多いのが現状のよう。

洗顔やクレンジングでゴシゴシとこするような摩擦は絶対に避け、泡で丁寧に落とすことが大切です。肌が元気なうちに正しいスキンケアを学ぶことが今後の肌のキメ細やかさに影響してきます。

30代の肌のためにスキンケア法

少しずつ肌の衰えが表面に現れるようになるのがこの年代。生活リズムの変化に伴い、ホルモンバランスも大きく変化することから、その影響が肌にも徐々に現れ始めます。これまで気にならなかった紫外線や摩擦といった外的な刺激に対しても肌が弱くなる人が多く、あらゆる肌トラブルに敏感になってきます。

30代のスキンケアは、ホルモンバランスをなるべく乱さないよう、規則正しい生活と栄養バランスのとれた食生活が肌のために最も大切になってきます。腸内環境を整え、免疫力を高めることが肌のバリア機能を高めることにつながります。保湿やUVケア、優しく丁寧な洗顔といった基礎的なことを大切にし、食生活では抗酸化作用の高い食材を積極的に摂り、体の内側からも肌を守るように心がけましょう。

40代の肌のためにスキンケア法

40代になると保湿力が低下し、肌のターンオーバーの機能も乱れがちになってきます。月経不順や体質不良でホルモンバランスも大きく乱れがちです。これらの影響で肌の衰えを実感しやすく、特に線維芽細胞によるコラーゲンやヒアルロン酸の産生量は減り、表情筋も衰え、ハリやたるみ、くすみなどが気になるようになってくる年代です。

40代のスキンケア法としては、表情筋のエクササイズを行ったり、ホットタオルや指圧で血行を良くするなど、肌の様子を見ながら試してみるのがオススメです。

さらに美しく若々しい肌を保つためには、ピーリングやレーザー治療を行ったり、目元や口元などの肌が薄い部分を特に重点的にケアすることで、見た目年齢を実年齢より若く保つことが可能です。また、この年代になると、きちんとケアをしている人としていない人との差が見た目にもはっきり現れるようになってきます。

50代の肌のためにスキンケア法

50代になるとシワ、たるみ、くすみが本格的に気になってきますが、これまでのスキンケアの差も顕著に現れます。更年期に伴いホルモンバランスが乱れ、肌の調子も不安定になるため、肌質がこれまでと大きく異なる方も多いと言われています。

50代からのスキンケアでは、水分と油分をバランスよく補い、肌の新陳代謝機能やバリア機能を衰えさせないよう保湿をしっかり行うことが大切です。また、ちょっとした体の疲れや不調が肌に影響を与えやすくなっているので、十分な栄養と睡眠の確保が重要です。特に成長ホルモンは睡眠中に最も多く生成されます。これらの分泌は確かに年齢とともに減少はしますが、年齢に関わらず、質の良い睡眠が活性酸素を除去し、肌の生まれ変わりを助けます。

年齢とともに変化する肌質や体質をしっかり理解し、その都度肌に必要なケアをしてあげることが重要です。

関連記事