乾燥の季節に肌を守ってくれる食事をしよう

乾燥の季節に肌を守ってくれる食事をしよう

乾燥の季節。肌の負担を感じますよね。いくらスキンケアを頑張っても限界がある。なので中から対策していきましょう。

寒い季節に肌が乾燥するのはどうして?

蒸し暑い夏が終わって乾燥する季節がやってきますね。保湿したり加湿器をつけてみたりと対策は色々あると思いますが、やはり体の内側から対策しないとすぐ乾燥してしまいます。

そこで、冬のカサカサ肌にいい食べ物と成分をご紹介いたします。乾燥肌は、角質層の水分が少なくなったり、皮脂の分泌や天然保湿因子の量が少なくなったりすることで起こります。

ですから、角質層や皮脂、天然保湿因子を守る栄養成分を摂ることで乾燥肌対策に繋がるわけです。

また、毛細血管の血行をよくすることも、乾燥を防ぐ手助けになるのです。つまり、新陳代謝を活性化させて、血行促進作用のある栄養素を取り入れることで乾燥肌の季節を乾燥せずに乗り切れるというわけなのですね。

乾燥肌を守るために食べたいもの

では、どういった成分を含む食べ物がいいのでしょうか?

食材と共にご紹介していきます。

1. ビタミンA
新陳代謝を活性化させ、皮脂や粘膜の潤いを維持してくれます。
こんな食べ物に入っています→鰻、穴子、鯖、鰯などの青魚、レバー、乳製品、玉子、緑黄色野菜。海藻、緑茶
2. ビタミンB
ビタミンA同様新陳代謝を活性化してくれて、乾燥時に起きる炎症を抑えてくれます。
こんな食べ物に入っています→豚肉、レバー、玉子、大豆食品
3. ビタミンC
コラーゲンの生成を促してくれるだけでなく、抗酸化作用もあるのです。
こんな食べ物に入っています→レモンやパプリカ、果物
4. ビタミンE
ビタミンA、B同様新陳代謝を活性化してくれ、ビタミンC同様抗酸化作用があります。
こんな食べ物に入っています→ナッツ類、大豆、アボカド
5. セラミド
角質層の水分を保ってくれます。
こんな食べ物に入っています→こんにゃく、大豆、黒豆、海藻類
6. α-リノレン酸
細胞膜を作る材料となってくれ、セラミドを作る材料になります。
こんな食べ物に入っています→亜麻仁油、エゴマ油、魚油など
7. 亜鉛
α-リノレン酸の働きを助けてくれます。
こんな食べ物に入っています→牡蠣、卵黄、タラバガニ、たらこ、赤身肉

身近にある食材なので、冬は体の内側から乾燥対策していきましょう!
関連キーワード

関連記事