肌の乾燥を防ぎ、保湿力をアップさせるお手入れ法

肌の乾燥を防ぎ、保湿力をアップさせるお手入れ法

美しい肌に潤いは欠かせません。高価なクリームや美容液を次々と購入するより、もっと効果的なスキンケア法があるのをご存知ですか?

肌の保湿力は年齢とともに衰えていく

健康な肌は角質層に20〜30%の水分を含んでいますが、理想的な肌の水分量は40%だと言われています。年齢とともに肌の水分量は減っていくため、水分量を上げていくお手入れ法が必要となってきます。

肌の水分量をUPさせ保っていくためには、水分が蒸発しにくい肌を作ることが重要です。最も保湿に効果があると言われているのは、細胞間脂質の主成分であるセラミドを補給すること。角質層の水分の約80%は細胞間脂質に含まれていて、その主成分であるセラミドは約40%を占めています。つまり、セラミドの補給は、保湿力をアップさせるためにとても効果的なことなのです。

セラミドは肌が自ら作り出す保湿物質ですが、加齢や紫外線など様々な要因によってセラミドを作り出す力が弱まると、角層の水分が蒸発し、水分量が低下してしまいます。

保湿力がアップするお手入れ法5つ!

1、 洗顔はしっかりすること
肌の上に油性の汚れが残っていると、酸化して肌にダメージを与えるうえ、水分も浸透しにくくなります。夜だけでなく朝も洗顔をきちんと行い、余分な汚れを落としましょう。ただし、洗いすぎは肌に傷をつけてしまうので厳禁です。

2、 化粧水はコットンで付けましょう
化粧水を手でつけようとするとムラになりやすく、肌のすみずみまで水分を行き渡らせることが難しくなります。コットンは含んだ水分をそのまま肌に跳ね返して吸収させるという特性があるため、美容成分が肌に吸収されやすくなります。

3、 適度にフェイスマッサージをする
マッサージは血行を促進してくれます。すると美容成分や水分も入りやすくなるため、化粧水などが肌に浸透しやすくなりますよ。強くこすると逆効果となるので、マッサージ用のクリームなどを使用しながら優しく行うことが大切です。

4、 睡眠をしっかりとる
睡眠不足は肌のターンオーバーが乱れる原因の一つです。ターンオーバーと水分量は密接な関係があり、睡眠が不足すると水分量も減ってしまいます。

5、 栄養のある食事をバランスよく補う
外側からのケアだけでなく、内側からの栄養補給も水分アップのために欠かせません。肌を作る素となる、たんぱく質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素をきちんと摂取することが大切です。また、水分をしっかり補給しましょう。

いかがでしたか?正しいお手入れと生活リズムこそが、肌の保湿力をアップさせるために大切な要素となってきます。

関連記事