バストアップ効果のある食材はコレ!

バストアップ効果のある食材はコレ!

規則正しい、バランスの取れた食事はバストアップの基本!
バストアップに役立つ栄養素を効果別に見てみましょう。

バストアップにはビタミン・ミネラル・たんぱく質!

バストアップには、外側からのケアだけでなく、規則正しい食生活により、内側からアプローチすることも非常に重要です。
まず、栄養素別に分けたバストアップ効果は下記のようなものがあります。
これらの栄養素を具体的に1つずつご紹介していきましょう。

■「ビタミンE」で女性ホルモンを活性化
■「たんぱく質」で豊かなバストへ
■「ミネラル」でバストを支える筋肉をキープ
■「ビタミンA」でバストのツヤ・色にもこだわる
■「ビタミンB群」で理想的な形のバストへ
■「ビタミンC」でバストの成長促進

「ビタミンE」で女性ホルモンを活性化

アンチエイジング効果でも注目を集めている「ビタミンE」。
ビタミンEには血行促進をサポートする働きがあり、女性ホルモンを活性化する効果があります。
バストも、年齢とともにたるんでくるもの。
ビタミンEを摂って若々しいバストを維持しましょう。
ただ、ビタミンEは酸化しやすい性質もあるため、ナッツ類の場合は開封したら早めに食べきることが必要です。

【代表的な食べ物】
かぼちゃ、アボカド、くるみ、モロヘイヤ、オリーブオイル

「たんぱく質」で豊かなバストへ

豊かなバストをつくるために欠かせないのが「たんぱく質」。
女性ホルモンの働きを活発にし、理想的なバストの基盤をつくります。
特に、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボン(植物性エストロゲン)を含んだ大豆製品は、バストアップに欠かせない食材です。

【代表的な食べ物】
大豆、納豆、枝豆、豆乳(植物性たんぱく質)

「ミネラル」でバストを支える筋肉をキープ

ミネラルには、カルシウム・マグネシウム・ナトリウム・カリウム・鉄・亜鉛・ヨウ素などの種類があります。
ミネラルは身体の機能維持に欠かせない栄養素。
バストアップの基本となる筋肉を維持する働きもあります。
しかし、ミネラルは身体の中で作ることができません。
つまり、外部から食事で摂取する必要があるのです。
大切なミネラルですが、「ナトリウム」だけは摂り過ぎに注意。
塩分の多い食事は控えましょう。

【代表的な食べ物】
ひじき、ワカメ、豆腐、アーモンド

「ビタミンA」でバストのツヤ・色にもこだわる

「ビタミンA」には、皮膚や粘膜、髪などの機能を正常に保つ働きのほか、生殖機能を維持する働きがあります。
バストアップをはじめ、美容効果としては、肌にハリを与え、皮膚の新陳代謝を活発にするなどの効果もあります。
しかし、動物性のビタミンA「レチノール」に限っては過剰症に注意が必要なので、バストアップのためとはいえ、摂り過ぎには注意しましょう。

【代表的な食べ物】
ニンジン、ホウレンソウ、春菊、かぼちゃ、モロヘイヤ

「ビタミンB群」で理想的な形のバストへ

「ビタミンB群」は、エネルギー代謝をはじめ、ホルモンバランスをキープする作用があります。
ビタミンBは8種類あり、バランスよく摂取するのがオススメですが、バストアップのためには特に「ビタミンB2」がオススメ。
血行を促進するほか、垂れてきたバストの筋肉を引き締め、理想的なバストを維持する効果があります。

【代表的な食べ物】
大豆、ホウレンソウ

「ビタミンC」でバストの成長促進

美肌効果でも有名な「ビタミンC」。
バストアップに欠かせないコラーゲンの生成を助ける働きがあります。
また、ストレスを溜めることはバストアップの大敵と言われていますが、そのストレスを和らげる作用もあります。
よって、ビタミンCは常に摂っておきたい成分のひとつなのです。

【代表的な食べ物】
イチゴ、レモン、アセロラ、トマト、ブロッコリー、サツマイモ

大切なのは「継続」すること

食べ物からアプローチするバストアップ効果は、何と言っても「継続」が大切。
バストアップに良い食材を選んでも、三日坊主では意味がありません。
偏った食事ではなく、バランスよく食事をすることを日々心掛けましょう。
また、食事は「美味しく・楽しく」摂ることが一番!
ストレスを溜めないこともバストアップの近道です。
関連キーワード

関連記事