コーヒーには美白効果がある?その理由と効果的な飲み方

コーヒーには美白効果がある?その理由と効果的な飲み方

コーヒーは美容に良くも悪くも言われていますが、適量を守って飲めばコーヒーは美白やダイエットに役立つ美容効果抜群の飲み物だったんです。

コーヒーが美白に効果的な理由

【美白効果】
コーヒーに含まれるポリフェノール「クロロゲン酸」には、メラニンの生成を抑える働きがあると言われています。クロロゲン酸には、約30%メラニンの生成を抑える働きがあるそうなので、シミの原因となる「メラニン」の生成や肌細胞への取り込みを抑制する効果が期待できます。

【ダイエット】
クロロゲン酸は、脂肪分解酵素である「リパーゼ」の働きを抑えて、脂肪の分解吸収を抑制する働きがあります。また、エネルギーを生産する「ミトコンドリア」への脂肪の取り込みを高めて、脂肪をエネルギーとして燃焼させやすくする効果もあるのだとか。

【腸内環境を改善】
コーヒーを飲むことで腸内のビフィズス菌を増やす効果が期待できます。 食べたビフィズス菌は、腸内に住み着くことはできませんから、既に住み着いているビフィズス菌を増やす働きのあるコーヒーは、腸内環境美化の強い味方です。

美白&美容効果の期待できるコーヒーの飲み方

【美肌のためには1日2杯以上が適量】
1日にコーヒーを2杯以上飲む人は紫外線によるシミが少ないのだとか。効果的な目安は「1日にポリフェノールを1000~1500mg摂取すること」だそうです。
コーヒーだけでとるなら3~5杯ほどですね。

【食事やお出かけの1時間前に飲む】
クロロゲン酸は、飲んだ1時間後に血液中に一番多く吸収されているそうです。日光に当たる1時間前や、食事や運動の1時間前に飲むとより効果的です。

【こまめに飲むことが大切】
ポリフェノールは、体内で3~4時間しか効果が持続されませんし、体内に蓄積することもできません。なので、簡単に摂りやすいコーヒーがオススメなんです。
関連キーワード

関連記事