男子がヒク?意外と見落としがちな◯◯のケアでイイ女度アップ!

男子がヒク?意外と見落としがちな◯◯のケアでイイ女度アップ!

メイクも髪型も完璧!だけど◯◯のケアを忘れてしまう方、実は意外と多いんです。
怠りがちなポイントを知り、今冬はイイ女度を上げていきましょう!

女子力アップ!忘れがちな3ポイントのケアとは?

いよいよ年末も近くなり、街ではイルミネーションを見かけるようになりました。
この時期はイベントも多く、特に、クリスマスは気になる人との距離がぐっと近づくチャンス。
そこで今回は、イイ女度を上げるための、意外と見落としがちな身体のケアポイント3つについてご紹介します。

【女性のケアで見落としがちな3ポイントとは】

(1)指先の産毛
クリスマスには、指輪をプレゼントされるチャンスが高まります。
そんなせっかくの素敵な瞬間を台無しにしてしまいかねないのが「指先の産毛」。
特に男性は、女性の毛に対して敏感に反応する方も多いのだとか。
イベント前に、指先や手の甲、手首付近の産毛のチェックは、欠かせないポイントの一つ。

(2)口元の産毛
メイクをするときや、洗顔時などいつも見ているはずなのに、意外と気づきにくいのが「口元の産毛」。
女性の場合、男性と違って一本一本の毛も細く、量も少量のため見落としやすいのだとか。
本人よりも、顔を間近で見る機会の多いパートナーが先に気づくこともあるそうですよ。
化粧ノリも変わる口元の産毛は、しっかりとケアを心がけたいポイントですよね。

(3)アンダーヘア
いわゆるデリケートゾーンのケア。
なかでも「難しい」「変にいじりすぎない方が良い」というイメージをもたれがちなのが「アンダーヘア」。
程度はさまざまですが、下着からはみ出していたり、量が気になっていたりする場合には、ケアをオススメします。

自宅でのオススメケアと注意点をご紹介します!

では、3つのポイントのケアにはどのようなアプローチが有効なのでしょうか。
エステサロンによる脱毛などの方法もありますが、今回は自宅で行う場合のセルフケアをご紹介します。

【カミソリを使ったケア】
指先などはT字型、口元や顔周りの産毛には、L字型のカミソリを使うのがオススメ。
女性の皮ふは繊細なので、安全ガード付きのものを選びましょう。
ちなみに、カミソリの扱いに慣れていない方は電動シェーバーを試してみるのもオススメです。

敬遠されることも多いカミソリですが、回数を決めてケアをする、剃った後の保湿を徹底することで、深刻なトラブルを引き起こしにくくなると言われています。
余裕があれば、エステに通う、あるいは脱毛器などの専用機材を使ってセルフケアを行いたいところ。
ですが、費用のかかるもの以外でのケアの中では、この方法がベターなのだとか。

カミソリを使ったセルフケアの方法ですが、基本的には毛の流れに従って剃っていきます。
その際、必ず女性用のシェービングクリームで前処理を行ってからカミソリを使用しましょう。
また、ケア後のクリームやオイルによる保湿もセットで行うようにすることで、肌が傷つきにくくなります。
ただしセルフケアは、肌や体質によって個人差があるため、やりすぎにはくれぐれも注意が必要です。

【セルフケアの注意点とは】
基本の目安は、週に1回程度だと言われています。
また、タイミングは、夜、お風呂上りで肌質が柔らかくなっている状態のとき。
朝に処理してしまうと、剃った後の肌が紫外線のダメージを受けやすくなるため、必ず夜にケアをしましょう。

いかがでしたか?
今冬はしっかりケアをしてイイ女度を上げ、素敵なイベントを過ごしましょう!
関連キーワード

関連記事