食べるだけで保湿力UP!?  乾燥肌を救う『潤い食材』でインナーケア

食べるだけで保湿力UP!? 乾燥肌を救う『潤い食材』でインナーケア

あらゆる肌トラブルの根源は『乾燥』だと言われています。特に秋冬は、乾燥に悩む方が多いです。そんな乾燥トラブルは内側からケアしましょう!

乾燥肌に悩む方、まずは原因を要チェックです!

なぜお肌は乾燥するのでしょうか?
本来お肌の角質層には水分が含まれています。
しかし、間違ったスキンケア、湿度・温度の気温の変化、睡眠不足・栄養不足などの生活習慣の乱れが原因となり、お肌の内部に抱え込んでいる水分が流出することで、お肌が乾燥してしまうのです。

以下の項目をチェックしてみましょう。
あなたは、どのくらい当てはまるでしょうか?

【乾燥の原因】
・洗顔をし過ぎている
・オイルでクレンジング
・化粧水しかつけていない
・保湿ケアを意識していない
・コットンでパッティング
・紫外線
・室内の冷暖房
・加齢
・油分、栄養分の不足

これらは、どれも乾燥の要因となります。
乾燥が気になるときは以上のことに注意すると、それだけでも乾燥を和らげることができるでしょう。

内側ケアで乾燥知らず!~オススメの潤い食材~

また、乾燥に負けないお肌になるためには、インナーケアも大切です。
お肌に潤いを与えてくれる食材を積極的に摂り、内側・外側からのダブルケアを行いましょう!

【保湿効果の高い成分&食材】
♦︎ビタミンA
新陳代謝を正常にし、お肌の潤いをキープする効果を期待できます。
・イワシやサバなどの青魚
・わかめなどの海藻類
・緑黄色野菜

♦︎ビタミンB
こちらも新陳代謝を活発にしてくれます。
また、良質なたんぱく質はお肌の潤いの重要ポイント。
・卵
・大豆製品
・豚肉
・レバー
特に納豆には、化粧水にも使用される「ポリグリセリン」という保湿成分が含まれているためオススメです。

♦︎ビタミンE
若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEは、血流を良くし、潤いをアップさせる効果があります。
・ゴマ
・アーモンドなどナッツ類
その他にもアボカドやオリーブオイル、亜麻仁油なども体の内側から潤いをキープする頼もしい食材です。

ぜひ潤い食材を参考にし、これらの食材を中心に偏りなく色々な食材を召し上がってください。
また、同時に外側からの保湿をしっかり心掛け、内側・外側からのダブルケアで乾燥に負けないお肌を手に入れましょう!

関連記事