アラサーからのNG肌ケア!美と健康を損なうポイントとは?

アラサーからのNG肌ケア!美と健康を損なうポイントとは?

自分が良いと思っている行為が、実は間違っていることがあります。今回は誤解しやすい美と健康を遠ざけるお話です。アラサー以上の方必見ですよ!

美を保つケア=「毎日メイクをする」こと!?

【NG】休日はメイクもお休み

休日はノーメイクでお肌を休ませたいと考えている女性は多いです。
しかし、実はアラサー以上の大人肌にノーメイクは間違いケア。

室内の冷暖房や乾燥は、ノーメイクでむき出しのお肌にダメージを与えます。
そして、ダメージを受けたお肌はシワ、シミ、たるみなどの老化現象に繋がります。
また、最も老化の影響を与えるのは、紫外線。
ノーメイクで無防備なお肌には、紫外線のダメージが直撃するので女性の大敵です。

ファンデーションは正しく使えば、紫外線や乾燥、ホコリなどの外敵から守ってくれる『バリア』になります。
ファンデーションはぬる時や落とすときに、摩擦に気をつけることがポイント。

【まとめ】
お肌の美を守るためには、ノーメイクよりもお肌をガードすることが大切。
日焼け止めやUV効果のある下地だけでも毎日ぬった方が、お肌を外敵から守れるのです。

美と健康のために!「紫外線」はどうしたら良いの?

【NG】紫外線を完全シャットアウト

先ほど紫外線を大敵と言いましたが、実は美意識が高すぎて、紫外線を完全防備するのもNGです。
なぜかと言うと、紫外線をまったく浴びないのも、体に害を与えるのです。
厄介な紫外線には、混乱させられますよね…。

日傘、サングラス、ストール、帽子、アームウォーマーなどのUVアイテムを、すべて取り入れるくらい紫外線を完全にシャットアウトするのはやり過ぎています。
紫外線は体内でビタミンDをつくり、カルシウムの吸収を助ける働きがあるため、不足すると骨が弱くなったり、骨粗しょう症になる恐れがあります。
また、ガンになるリスクが減少するとも言われています。

【まとめ】
美と健康へのリスク回避のUVケアは、日焼け止めをしっかりとぬり、プラスUVアイテムをひとつ取り入れるくらいが良いでしょう。

【注意点】
体や顔に日焼け止めをぬったら、きちんとクレンジングで落としましょう。
クレンジング不要と記載のあるもの以外は、しっかり落とさないとお肌のトラブルやくすみの原因となります。

関連記事