なんだか頭臭ってない?汗をかいていないのに冬の頭皮が臭うわけ

なんだか頭臭ってない?汗をかいていないのに冬の頭皮が臭うわけ

冬は夏に比べ汗をかかないのに、なんだか頭皮が臭っているような…。洗いすぎても髪の毛の油分がなくなり、パサパサの髪の毛になることも。気をつけて洗っているのに落ちないその臭いの原因と対策方法をお教えいたします。

冬の頭皮の臭いの原因とは

夏に比べると冬は汗をかく機会も少ないですが、電車内や屋内は暖かくじんわりと汗をかきますよね。帽子を久しぶりにかぶるとふわっと嫌な臭いがすることはありませんか?

冬の頭皮の臭いの原因は「頭皮の皮脂のつまり」と「乾燥」によるところが多いようです。「頭皮の皮脂のつまり」は夏に比べ汗をかかないので、頭皮に詰まった汚れが流れにくく、蓄積しやすいためです。この蓄積した汚れを常在している菌がエサとして食べ繁殖をして、臭いの元となる脂肪酸やアルデヒドを発生させます。

「乾燥」による臭いも同じく皮脂によるもの。頭皮が乾燥すると、人は乾燥を防ぐために大量に皮脂を分泌します。そして先ほどの頭皮の皮脂のつまりに繋がって臭いを発するようになります。

それではどうやって対策したらいいのでしょうか?

頭皮の臭い対策とは

1.ゴシゴシ洗わない
界面活性剤の入っていない頭皮専用のシャンプーで頭皮を優しくマッサージするように洗います。低刺激のものや炭酸シャンプーなどがいいようです。

2.しっかり乾かす
乾かしすぎもNGですが、生乾きも臭いの原因になります。ドライヤーでしっかりと乾かしましょう。

3.保湿ケアを週に1度する
頭皮用のローションやオイルなどで洗髪後にタオルでよく水気をとってから、少量を指の腹で頭皮になじませていきます。手の平や指の腹で頭皮を優しく押さえてオイルをなじませ最後にドライヤーをかけて終了です。

4.汗をかく
ゆっくり湯船に浸かったり、体を動かして汗をかいて皮脂のつまりを解消しましょう。

どれもすぐに実践できるものなので、今までしっかり洗っていたのに臭いが気になっていた方は、ぜひお試しください。
関連キーワード

関連記事