若白髪は体のSOSだった?体からの不調サインを見逃さない

若白髪は体のSOSだった?体からの不調サインを見逃さない

最近、若白髪が増えているのだそう。30代前半から始まるとも言われる髪の老化の原因と、ケア方法をご紹介します。

髪の毛にでる不調サイン。若白髪の理由

人体において髪の毛は、組織や細胞から見ても優先順位が低いのだそうです。
つまり、食事から得られる栄養素の不足は、髪の毛にまず現れてしまうのだとか。

【頭頂部に白髪がある】…消化不良や胃腸の不調

【頭頂部の右側に白髪がある】…むくみ、腎臓の不調

【頭頂部の左側に白髪がある】…肝臓の不調

【前頭部に白髪がある】…便秘、痔など、肛門の不調

【後頭部に白髪がある】…生理不順、不妊など、生殖器の問題に注意

全てにおいて食生活の乱れ、ストレスは白髪の原因につながります。
「白髪は老化によるもの」と一言で片づけず、身体からのSOSを見逃さないようにしましょうね。

若白髪の対処法と頭皮の正しいケア

【白髪ができたときの対処法】
加齢が原因の場合は、基本的には黒髪に戻ることはありません。白髪は抜かずに「カット」または「カラーリング」をしましょう。

【体の内側からのケア】
頭皮や髪の栄養には、「ビオチン」「ビタミンA」「ビタミンB2」「亜鉛」などがおすすめ。
特に「ビオチン」は髪や皮膚を健やかに保ち、白髪予防に効果的なビタミンです。レバー、魚介類、ナッツ、卵などに多く含まれています。

【体の外からのケア】
軽い頭皮マッサージがおすすめです。血流が良くなって、白髪予防にも効果的です。
加齢や遺伝的な要因による「白髪」は避けようがない部分が大きいですが、エイジング世代は髪だけでなく、頭皮ケアを意識したシャンプー選び、頭皮エッセンス、頭皮マッサージ等の頭皮ケアも上手に取り入れていきましょうね。

関連記事