日焼け跡が消えない!日焼けを治す裏ワザと消えない理由

日焼け跡が消えない!日焼けを治す裏ワザと消えない理由

日焼け跡が消えなくて困っている人!今回は去年の日焼け跡が消えない人に、ちょっとした裏ワザをご紹介します。

日焼けがトラウマに?去年の日焼け跡が消えない理由

人の肌のターンオーバーは約1ヶ月といわれています。それなのになぜ去年の日焼け跡が消えないのか?
それは、お肌が紫外線でダメージを受けた経験を覚えていて、防衛体制をとっているからだと言われています。
紫外線から、細胞の遺伝子が傷付くほどのダメージを受けている事になるので、シミができたり、最悪の場合はガンにもつながってしまいます。
つまり、日焼けって、そんな脅威と戦うための防御反応なんです。
去年の日焼け跡が消えないのは、体がずっと警戒態勢をとっているから。私達の体は、命に関わるダメージを受けた記憶を忘れないんです。

日焼け跡を消すには、「メラニン色素をそんなに作らなくても大丈夫」という事を、体に教えてあげなくてはいけません。
一度くっきり日焼けしてしまうと、体はずっと覚えています。お肌にとって日焼けはトラウマになってしまっているんです。
お肌に白くなっても大丈夫だよと安心させるためには、毎日徹底的に日焼け対策をする事を心がけましょう。

去年の日焼けを消すためのポイント

去年の日焼け跡を消すには、毎日の日焼け対策と「食べ物」がポイントです。
紫外線で傷ついた遺伝子を回復できるのは「ビタミン誘導体」です。
お肌にビタミンをたくさん届ければ、細胞のダメージを修復し、メラニン色素を作らなくなります。
また、日焼けにはトマトも有効です。トマトに含まれるリコピンの抗酸化作用は、ビタミンEの100倍とも言われているんですよ。

それではここで、普段生活する上での注意点をご紹介します。

【お風呂はシャワーですませない】
毎日湯船でしっかりと温まる習慣をつけましょう。新陳代謝が高まり、全身の血行がよくなることで、肌の透明感にもつながります。

【夜更かしをしない】
夜更かしは、新陳代謝の低下につながっています。お肌のゴールデンタイムの22~2時は、美肌ホルモンが分泌されて、肌の新陳代謝も効率よく行われる時間帯です。
しっかりと睡眠を取って、お肌をきれいにしていきましょうね。
関連キーワード

関連記事