ワキガは秋冬こそ要注意!「何か臭い」と言われる前の対策

ワキガは秋冬こそ要注意!「何か臭い」と言われる前の対策

ワキのニオイ対策は夏だけと思われがちなのですが、実は汗の少ない秋冬の方がニオイが強くなるので要注意なんです。

なぜ秋冬にワキガ?汗とニオイの関係

秋冬はニオイの原因となる老廃物がたまりやすい季節。
気になるワキのニオイ「ワキガ」は、アポクリン腺から出た汗と老廃物が混ざり合うことで発生します。
秋冬は、それほど汗をかかないのですが、混ざり合う老廃物が増えるため、ニオイが気になるのです。
また、夏のように暑くないので、あまり水分をとらなくなります。するとその分汗も出にくくなってしまいます。
汗は元々体内の老廃物を排出するために出るものなので、汗が出なくなると、体内に老廃物がたまってしまうことになるんです。
つまり、老廃物が体内に溜まることで、体内にニオイがこもって臭くなってしまうというわけです。

では、この気になる秋冬のワキガ臭、一体どうすれば良いのでしょうか。

気になるワキガ対策

【運動をして汗を流そう】
ワキガを軽減するには、体内の老廃物を減らすことが大切です。老廃物を排出するには、汗をかく必要があります。
秋や冬でも定期的に運動するよう心がけましょう。岩盤浴やホットヨガもオススメです。

【水分を摂るよう意識する】
秋冬は水分不足になりがちなので、意識して水分をしっかり摂るようにしましょう。
寒い時季ですので、白湯や温かい飲み物を少しずつとって、内臓を温めてあげると健康にも効果的ですよ。

【脂っこいものは控える】
脂っこいものを食べすぎてしまうと、毛穴に脂がつまります。
毛穴が詰まると、老廃物が溜まってしまう原因になるので、脂ものは出来るだけ控えるようにしましょう。

【湯船につかる】
お風呂に入って汗腺をキレイにしなければ、老廃物は溜まっていく一方です。
出来れば湯船にゆっくりとつかって、毛穴を広げて老廃物を落としましょう。
関連キーワード

関連記事