習慣化したい!睡眠にまつわる得する知恵を伝授!

習慣化したい!睡眠にまつわる得する知恵を伝授!

健康な生活を送るために欠かすことのできない睡眠。良質な睡眠を取るために知っておきたい眠りにまつわる色々な情報をお教えします!

睡眠の質が変わる!パジャマを着る習慣を身につけよう

帰宅したら部屋着に着替えて、眠る時も部屋着のまま布団に入るという人、多いですよね。しかしこの行動が良質な睡眠を妨げる原因になっている場合があるんです。
パジャマを着ることによって、「スリープセレモニー(入眠儀式)」が整い、寝つきが良くなるのだそうです。眠る前の流れをいつも統一することによって、体が眠りに入る準備をしやすくなる効果もあるのだとか。
パジャマを選ぶ際は、肌触りが良く、ゆったりしていて寝返りが打ちやすい物を選ぶようにしましょう。

睡眠時にビクッときたらご注意を!

寝入り寸前の時や、休憩時にウトウトとしている時、身体がビクッとした経験はありませんか?これはジャーキング現象といって、無理な体勢で寝ている時などに筋肉が痙攣することで起こるそうです。病気ではないので特に心配する必要はないのですが、横になって通常通り寝ている時に起こる場合は注意が必要です。睡眠環境に問題があるか、疲れが溜まりすぎている可能性があるので、そういった時はベッド周りの環境を見直してみてください。

日本人は羊を数えても睡眠できない!?

入眠時の羊数えの発祥地はイギリス。眠れない夜に「sleep,sleep…」と暗示をかけていくうちに、発音が似ている「sheep(羊)」へと変化していったという説や、羊使いが羊を数えていたら眠くなってしまったという説など、諸説あります。
ここで重要なのは、物を数えるという単純な作業が眠りを誘うことと、羊が遊ぶような穏やかな環境を想像することでリラックスするということです。しかし、日本人にとって羊は馴染みが薄い動物のため、羊を数えているうちに、羊はどういう動物だったかな?といったように色々と考え出してしまって頭が冴えてきてしまうということがあります。
眠れない時は、自分自身がリラックス出来る風景を思い出すようにするといいようですよ。

関連記事