イビキは◯◯のサイン?気になる原因と対処法をご紹介します!

イビキは◯◯のサイン?気になる原因と対処法をご紹介します!

女性にとって、睡眠中のイビキは恥ずかしいもの。だけどそのイビキ、もしかして◯◯のサインかも…原因と対処法についてお届けします。

女性の言いにくい悩みの一つ「イビキ」の原因って?

睡眠中は意識がない状態です。寝相、歯ぎしり、そしてイビキ…これらは、本人が気づかず、パートナーに指摘されることで初めて知るケースも多いのだとか。
今回はその中でも、特に女性にとって恥ずかしい「イビキ」について調べてみました。

【イビキをかいているかも?】
次の中に当てはまるものが多い方は、就寝中イビキをかいている可能性が高いのだとか。
まずは、該当するものがあるかチェックしてみましょう。

・朝起きた時、口の中がカラカラで喉に痛みがある
・朝起きた時、唇がカサカサに乾いている
・朝起きた時、頭が痛いことがある
・肌トラブルが続いている(肌荒れ)
・慢性鼻炎の気がある
・普段から口呼吸をするクセがある

【イビキの原因とは】
イビキとは「気道(空気の通り道)が狭くなり、喉や鼻の粘膜の振動により生じる音」のこと。
つまり、原因を突き詰めて対処すれば良いのですが、そう簡単にはいかないのが実際のところ。
気道を狭めている原因は、一つではないからです。
そこで、主な原因として考えられる点について見ていきましょう。

○飲酒…お酒を飲むことで鼻が詰まりやすくなる。また、喉の筋肉が緩みやすくなる
○ストレス…ストレスによりホルモンバランスが乱れ、脳が酸素不足になる。口呼吸の原因にも
○太っている…喉の内部や外側に脂肪がつくことで気道が狭くなるため
○ハウスダスト・花粉アレルギー…花粉症などで鼻が詰まりやすくなる
○小顔・舌の長さや大きさなど…顎の小さい女性や舌が大きい方は、舌が喉にフタをするため振動が出やすくなる

なお、イビキをかくだけではなく、寝汗や睡眠が浅くて夜中に何度も起きる方は要注意。
「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」という病気のサインかもしれません。
これは、睡眠中に呼吸が停止したり浅くなったりしてしまうのが特徴で、重症の場合には脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まるとも言われています。

イビキによる悪影響&効果的な対処法とは?

【イビキを放置しておくと…】
女性にとっては、健康面だけでなく美容面においても深刻なダメージを受けることになりかねないイビキ。
具体的に、どのような悪影響があるのでしょうか。

◯睡眠不足…イビキをかいている時は眠りが浅くなりがち。睡眠の質が下がり、深刻な睡眠不足の原因にも。
◯集中力・やる気の低下…イビキにより脳が酸素不足になり、日中のモチベーションが上がらなくなりやすい傾向が。
◯あらゆる病気へのリスク増加…高血圧や糖尿病、心臓疾患や脳疾患など重大な病気にかかる可能性が高くなるのだとか。
◯肥満…イビキによる睡眠不足がホルモンバランスを乱し、食欲を増進させてしまうことで太りやすくなるのだそう。
◯お肌トラブル…睡眠の質が下がることで、肌を整えるサイクルに支障をきたし肌荒れの原因に。

【イビキに効果的な対処法とは】
それでは、どのような対処法がイビキには有効なのでしょうか。

(1)横向けで眠る
イビキは気道を塞ぐことで起こります。
仰向けで眠ると、舌が喉の奥に落ち込むため、気道を狭くする原因に。
横向けで眠る方が、イビキをかきにくくなると言われています。
また、抱き枕などで寝やすいポジションを探すのもオススメです。

(2)自分に合った枕を選ぶ
成人の頭の重さは3~5kgあると言われています。
その重みを首で支えるには、枕が高すぎても低すぎてもNG。
気道を狭めないための、自分に合った枕を選びましょう。
低反発のタイプなどは、頭を乗せた時の形に自然にフィットするためオススメだと言われています。
また、専門家に相談しながら決めるのも大切なポイント。

(3)口呼吸から鼻呼吸へ
口呼吸をすることで、イビキをかく可能性はぐっと上がります。
まずは日中、起きているときから鼻呼吸を意識するのがポイント。
また、無意識に口元が緩んでいる方は、口を閉じることを習慣にしましょう。
ちなみに、鼻には吸い込んだ空気を浄化する機能が備わっているため、空気中の汚れや細菌から身体を守ってくれる効果も期待できると言われています。

いかがでしたか?
今日からできるイビキへの対処法で、睡眠の質を上げ健康美人を目指しましょう!
関連キーワード

関連記事