あれ?あなたの白目濁ってない?綺麗な白目を手に入れる方法

あれ?あなたの白目濁ってない?綺麗な白目を手に入れる方法

アイメイク中に自分の目を見ていると白目が充血していたり、なんだか黄色がかっているようで気になりませんか?生まれたばかりの赤ちゃんは綺麗な白目なのに大人になると段々と黄ばんでいるような…。綺麗な白目にする方法はあるのでしょうか。

なぜ白目が濁るの?綺麗にする方法は?

赤ちゃんの白目はすごく綺麗なのに、大人になるにつれて白目部分が黄色がかっているように見えることがありますよね。
コンタクトをしていたり目に負担がかかっている人は充血することも珍しくないのではないでしょうか?

大人になって白目が濁る原因の一つとして「紫外線」があります。今まで瞳の紫外線対策をしていなかった人は紫外線によるシミとしての濁りが原因かもしれません。
他には「パソコンやスマホのブルーライト」「目の酷使」「喫煙」「飲酒」「肝機能の低下」「ドライアイ」「加齢」などが原因と考えられますが、濁ってしまった白目を綺麗にすることはできるのでしょうか?

濁った白目を綺麗にする方法

今すぐに白くしたいという方は目のホワイトニングと言われるフランスのブランドINNOXA(イノクサ)から出ている「ブルードロップ」をさすと白目を一時的に白くしてくれるそうです。他には薬局などで手にはいるバイシンなども白目を白くします。
しかしこういった目薬は一時的に白目を綺麗にしてくれますが、根本的な改善にはなりません。

やはり白目の黄ばみを改善するには普段からのケアが大事です。

抗酸化作用が強く、目を保護する役割をもつ「ルテイン」を多く含む食材を食べるといいそうです。
ルテインが多く含まれる食材はケールやパセリ、ほうれん草、ブロッコリー、芽キャベツ、かぼちゃ、にんじん、グリーンピース、とうもろこしなどです。
サプリメントでも出ているので、そちらで摂るのも良いと思います。

また、メグスリノキ茶や決明(けつめい)茶を飲むと結膜炎、かすみ目、老眼、ものもらい、疲れ目に効果が期待でき、肝機能をよくする効果もあります。

そういった目に良い成分を摂りながら、サングラスなどの紫外線対策や目の疲れを残さないようにするなどの生活習慣も気を付けていくと、目の黄ばみが改善されるそうです。
関連キーワード

関連記事