化粧水のつけすぎが乾燥の原因?過剰なケアに注意!

化粧水のつけすぎが乾燥の原因?過剰なケアに注意!

乾燥が気になる秋冬は、特にお肌の乾燥が気になりますよね。そんなとき思わずたっぷりつけてしまいがちな化粧水に、落とし穴があったんです。

化粧水のつけすぎで肌が乾燥する理由

乾燥する秋冬は、スキンケアの度にたっぷりと化粧水をつけたり、パックで保湿していたりと、保湿にかなり力を入れている方も多いのではないでしょうか。
しかし、もともと肌が化粧水を吸収できる量には限りがあるそうなんです。
それなのに化粧水をつけすぎてしまうと、かえって肌荒れを引き起こす原因になってしまうんだとか。

化粧水は保湿に効果的ですが、水分は時間が経つと肌から蒸発していきます。
そして水分が蒸発するときに、お肌を保湿してくれた水分までも一緒に蒸発させてしまうのです。
化粧水をつけたら素早く、美容液やクリームなどでパッティングをしないと、せっかくチャージした潤いが逃げて行ってしまいますよ。

乾燥しない化粧水の使い方

乾燥から肌を守るためには、化粧水だけでは足りないということがわかったと思います。
化粧水をつけても意味がないということではなく、美容液やクリームなど、肌の水分を保持してくれるアイテムを使って蒸発しないように蓋をすることが大事です。

【日中の乾燥対策】
オフィスで肌が乾燥しているときや、お化粧直しの際に、ミスト化粧水を使う人も多いと思います。しかしこれでは、時間と共に肌を乾燥させてしまいます。
何もせずにパウダーファンデーションをつけてしまうと粉っぽくなり、乾燥を目立たせてしまいがちです。
そこで、お化粧直しをするときは「美容液」を使いましょう。美容液を手に取り、顔全体にやさしく抑えるようにのせていきます。
特にファンデーションが薄くなった部分は丁寧に。美容液が肌になじんだところで、パウダーファンデーションをつけていきましょうね。

これで、乾燥肌にならずにお化粧直しをすることができます。
乾燥が続く季節は、化粧水だけに頼らず、美容液やクリームでしっかり対策しましょうね。
関連キーワード

関連記事