それって逆効果!? 乾燥肌の女性が陥りがちなNG保湿ケアとは

それって逆効果!? 乾燥肌の女性が陥りがちなNG保湿ケアとは

いよいよ冬本番、乾燥肌の女性にとってはツラい季節ですよね。
でもその保湿ケア、本当に合っていますか?正しい保湿ケアをチェックしましょう!

乾燥肌になるメカニズムって?保湿ケアの為に知っておきたいこと

女性を悩ませる肌トラブル。
なかでも、乾燥肌に悩む女性は年々増えていると言われています。
冬本番の今だからこそ知っておきたい、乾燥肌の為の保湿ケアについてまとめてみました。

【乾燥肌とは】
乾燥肌(ドライスキン)は、肌の表面を覆う角質層が十分な水分を蓄えられず、水分と油分のバランスが崩れてしまっている肌状態のこと。
またその他にも、肌の深部での水分蒸発や皮脂の不足なども考えられると言われています。

元々私たちの肌表面は、NMF(天然保湿因子)と、その隙間をつなぐ角質細胞間脂質(セラミド)により守られています。
このどちらかが欠けたりバランスが崩れたりすることで、天然のバリヤーが効力を失い乾燥肌になってしまうのだとか。


【乾燥肌の原因とは】
では乾燥肌の主な原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

・睡眠不足…成長ホルモン分泌が促されにくくターンオーバーが乱れる
・乾燥した空気環境…敏感な肌状態の時にその環境下にいることで悪化の原因に
・熱めのお湯での入浴…肌を守る成分が流れだしてしまう
・身体のこすり洗い…角質層をはがしてしまう
・肌触りの悪い衣服や寝具…敏感な肌状態の素肌に触れることでダメージの原因に

なお、誤った入浴方法により乾燥肌が進行してしまうこともあります。
先に挙げたNMF(天然保湿因子)や角質細胞間脂質(セラミド)は熱に弱く、42℃以上のお湯に浸かると簡単に流れ出てしまうのだそう。
また、濡れた状態の肌は特にデリケート。
こすり洗いも繊細な角質層をはがしてしまう為NGなんです。

乾燥肌に悩む女性の為に!NGな保湿ケアと正しい保湿ケア

では、乾燥肌の方が陥りがちなNGケアにはどのようなものがあるのでしょうか。
正しい保湿ケアと合わせて見ていきましょう。

【NGな保湿ケアとは】
○化粧水だけつけている
○クリームや乳液をべったりつけている
○フェイスパックを長時間つけている

乾燥状態の敏感肌だからと言って、洗顔後のケアを化粧水だけで済ませている方は要注意。
化粧水だけのケアでは、十分な保湿とは言えません。
一時的な潤いを与えられてたとしても、乾燥を防ぐことは難しいからです。

また、クリームや乳液のつけすぎも、肌本来がもつ「自ら元気になろうとする力」を損ねる可能性が。
フェイスパックも保湿ケアのサポートにはなりますが、長時間つけたままにしておくとかえって肌の水分を奪ってしまう為、つけすぎはNGなんです。
基本的には、各製品に定められた適量を守り、肌本来の力を手助けする程度の保湿ケアを心がけるのがベター。

【正しい保湿ケアとは】
それでは、乾燥肌の方にオススメの保湿ケアとはどのようなものなのでしょうか。

○保湿ケア用品には「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「アミノ酸」配合のものを選ぶ
○化粧水や乳液は必要な量だけを洗顔後すぐにつける
○質の良い睡眠をしっかりとる

肌の「自ら元気になろうとする力」を助けるのに、必要な量だけで保湿ケアをする。
与えすぎても足りなくても、乾燥肌には良くありません。
また、日中受けたダメージから回復するよう働きかけるのが夜の就寝時。
質の良い睡眠をとり、成長ホルモンの分泌を促せるよう心がけましょう。

いかがでしたか?
今冬は正しい保湿ケアで、潤いもち肌をキープしていきたいものですね!
関連キーワード

関連記事