薄味でも大丈夫! 塩分控えめでむくみ対策を

薄味でも大丈夫! 塩分控えめでむくみ対策を

塩分はとりすぎると、こんなにも悪影響があるって知っていましたか?

むくみの原因はやっぱり塩分!

丸顔がコンプレックスな女性は本当に多いと思います。
カラダは華奢なのに、顔だけパンパン、足が細っそりしないなど、そんな悩みを抱えている女性にとっておきの情報を大公開!
これからはむくみ知らずのボディへ大変身しましょう。

塩分に気をつけるだけでむくみ解消?

食事をする際に、ついつい濃い味付けに慣れてしまっていませんか?
濃い味付けということは、塩分が多く使われているということです。
日本人は特に味噌汁を飲む習慣があるので、やはり塩分をとりすぎな傾向になってしまいます。
また、外食をすると一気に塩分摂取量がアップしてしまいます。
外食時はなるべくカラダに優しいお店を選ぶのも良いですね。
どうしても塩分を多めに摂取してしまった時は、なるべく水を多めに飲むようにし、デトックスしましょう!
ただ大事な日を控えた前夜は、塩分を一切とらないことをオススメしたいので、外食の予定も避けてください。
1日塩分をとらないように心がけると、次の日のカラダの軽さやむくみのなさを実感できますが、やはり1日だと難しいという方は、夜だけでも塩分を控えるようにしてみてください。
それでも、次の日の顔やカラダのむくみ具合が違ってきますよ。

おうちで塩分の量を調節し、むくみ対策をしてみよう!

外食をする時以外は、おうちで自炊して自分で塩分量をコントロールしましょう。
和食を作る時も、醤油などの調味料よりも、昆布をそのままを使ってダシをとるなど、工夫しましょう。
お魚を焼く時も、調理酒をさっとかけて焼くだけで、お魚の風味も増し、塩分控えめにいただけます。
から揚げなどの揚げ物も、少し脂っこくはなってしまうかもしれませんが、塩分なしでも十分に美味しくいただけるのでオススメです。
さらに、塩分をとりすぎてしまったカラダをデトックスする作用が期待できる食材として、ほうれん草、納豆、アボカドが有名です。
これらも同時に食べることで、さらに塩分デトックスができますよね!

いかがでしょうか。
塩分控えめに一度過ごしてみて、まず顔・カラダのむくみ具合の違いを実感してみませんか?
これからは大事な日でも、完璧ボディで自信を持って行動開始できますね。
関連キーワード