温感パックから肩コリ解消まで。女性に嬉しいドライヤーの意外な活用法3選

温感パックから肩コリ解消まで。女性に嬉しいドライヤーの意外な活用法3選

「ドライヤー=髪の毛を乾かす道具」なのですが、実は他にも意外な使い方が! 特に寒い秋冬にはとっても重宝するんです。それでは目からウロコのドライヤー活用...

「ドライヤー=髪の毛を乾かす道具」なのですが、実は他にも意外な使い方が! 特に寒い秋冬にはとっても重宝するんです。それでは目からウロコのドライヤー活用術をチェックしましょう。

1. ドライヤーで温めてパックの効果をアップ!

乾燥するシーズンになると、シートパックやコットンパックで保湿をする機会も増えますよね。そのパック中に、ドライヤーで顔を温めてみましょう。顔を温めることで毛穴が開き、パックの成分がより浸透しやすくなります。ラップでパックした顔を覆っておき、ドライヤーを顔から30cmほど離し、約1分間温めましょう。(ドライヤーを近づけ過ぎないよう注意してください)。ラップをすることで、パックの蒸発を防げます。ラップには口と鼻の部分に穴を開けて、空気が通るようにしておきましょう。

2. ドライヤーで首~肩を温めてコリを解消

寒いと身体がギュッと縮こまり、普段以上に肩や首がコリやすいもの。そんな時は、肩や首から30cmほど離しドライヤーの温風を当ててみると、温まるのでコリが和らぎます。首を温めると身体がポカポカするので、「ちょっと寒いな」なんて時の対策としても便利。また、肩や首まわりの血行が良くなると、顔の血行も良くなるので、メイク前に行うと顔色がパッと明るくなります。

3. 下半身を温めて、冷えやダルさの解消に

冷え性の女性におすすめなのが、足先をドライヤーで温めるという方法。足裏や足先に、30cmほど離してドライヤーで温めることで、冷えて眠れない...という時にも役立ちます。また、お尻や膝裏を温めることで、血行が悪くなりがちな下半身の血の巡りを良くすることも可能。むくみやダルさの解消にもつながりますよ。

髪を毛を乾かすだけと思っていたドライヤーですが、女性にとって嬉しい効果をたくさんもたらしてくれる便利グッズなんです。今回ご紹介した方法はどれも簡単にできるので、今日から早速活用してみてくださいね!

photo : shutterstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

関連記事