シミ多発地帯「バタフライゾーン」は重点的に!美白美容液の使い方

シミ多発地帯「バタフライゾーン」は重点的に!美白美容液の使い方

美白ケアの必需品である、美白美容液。「使ってはいるけど、ちゃんと効いてるのかな...?」と、途中で不安になることもあるようです。そこで、効果的な美白美...

美白ケアの必需品である、美白美容液。「使ってはいるけど、ちゃんと効いてるのかな...?」と、途中で不安になることもあるようです。そこで、効果的な美白美容液の使い方を資生堂Webビューティーコンサルタントの西村美保さんに教えてもらいました。

まずは丁寧なスキンケアで肌にうるおいを

美白美容液の効果を最大限高めるためには、肌がしっかりとうるおった状態で使うことが大切です。洗顔後、化粧水でうるおいをたっぷり肌に与えてから、美白美容液をなじませ、浸透させましょう。美白美容液は、適量をたっぷりと使うことも忘れずに! その後、乳液やクリームを重ねてふたをして、スキンケアの効果を高めましょう。また、紫外線を浴びてしまうとシミのもとであるメラニンが増えてしまう原因となるので、日焼け止めなどUVケアも並行して行いましょう。

気になる部分には、美白美容液の重ねづけを!

日差しを浴びやすい頬の高い部分、通称"バタフライゾーン"と呼ばれるところや、シミが特に気になる部分には、美白美容液の「重ねづけ」もオススメです。まず、顔全体に美白美容液をつけたら、手のひらで顔をやさしく覆ってじんわりとあたため、なじませます。さらに少量を手にとり、シミが気になる部分に指の腹でくるくる肌をほぐすように優しくマッサージしながらON。重ねづけしてしっかりとアプローチしましょう。ちなみに気になる部分にだけ、美白美容液をつけるというのはNG。今は見えていないシミ予備軍を防ぐためにも、顔全体の美白ケアが大切です。

最低1本使い続けてから判断を!

美白美容液の効果は、どのくらい使い続けていれば得られるのか気になりますよね。効果を実感するには、少なくとも肌の生まれ変わりのサイクルに合わせた約6週間は使い続けてみましょう。また、使い始めと使い終わりの肌の状態を比べてみるためにも、最低でも1本はきちんと使い続けてから、肌の状態を観察してみてくださいね。

美白効果が現れているサインは?

美白美容液は徐々に効果を現します。そのサインをしっかりチェックしましょう!

肌のトーンが全体的に明るくなってきた 肌がやわらかくなってきた 化粧ノリがよくなってきた シミが濃くなっていない シミの輪郭がぼやけてきたような気がする いつものファンデーションが濃くなったように感じる

シミよりも肌全体のトーンが明るくなり透明感がアップしたり、人によって現れ方は様々です。顔全体だけでなく、シミそのものの状態も日々チェックするように心がけましょう。

いかがでしたか? 効果的に美白美容液を取り入れて、秋冬も美白ケアを心がけましょう!

photo : shutterstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

関連記事