恋しなくても綺麗になれる! 恋愛ホルモンを体の外から摂り入れよう!

恋しなくても綺麗になれる! 恋愛ホルモンを体の外から摂り入れよう!

“恋をすると綺麗になる”と言われていますが、それは「恋愛ホルモン」が働くため。
でも、恋をしていなくても外側から摂れるんです!
Sao

恋愛ホルモンってなに?

“恋をしている女性は綺麗だ”なんて言われますが、実はこれは本当なんです。
もちろん、大好きな彼のために綺麗になろうと努力をしているからということもあるのですが、“恋愛ホルモン”が分泌されているのが一つの理由だと言われています。

恋愛ホルモンとは、恋をすると活性化される、以下の脳内の4つのホルモンのこと。
・フェニルエチルアミン
・エストロゲン
・ドーパミン
・オキシトシン

恋をして綺麗になるのは羨ましいことですが、実際は、彼氏とはマンネリ、恋する相手がいない、子育てや仕事が忙しいなど、恋する時間もないなんて女性も多いはず。

だったら、これらの恋愛ホルモンを外側から摂っちゃえばいいんです!
恋をしているのと同じくらい綺麗でいられちゃいますよ!

フェニルエチルアミンと同じ成分の食品

消化を促進し、ウエストを引き締めてくれるというフェニルエチルアミン。
実は、チョコレートやココア、チーズなどに含まれる香り成分なんです。
また、気持ちを上向きにさせる作用があり、軽い中毒症状を見せるのも特徴で、チョコレートを1回食べ始めるとやめられなくなるのはこの成分が入っているため。
綺麗になるためでも、摂り過ぎには要注意です!
恋愛ホルモン

エストロゲンと似た成分の食品

こちらのホルモンは、ご存じの方も多いかと思いますが、女性らしい体をつくるのに不可欠なんです。

エストロゲンを食品から摂り入れようとするには、やっぱり大豆食品が一番。
イソフラボンがエストロゲンと似た構造を持ち、同様の効果をもたらしてくれるんです。
なので、女性らしい体型を手に入れることが出来ますよ!

ドーパミンの分泌を促す食品

ドーパミンは別名「快楽ホルモン」。心地いい、うれしいという快楽・快感の動機となる行動は、この分泌によって、再現されようとするのです。
しかも、興奮状態を起こさせるので、目力アップ、頬もピンクに、そして姿勢がよくなるとも言われています。
ただし、このドーパミンは、10年歳をとるごとに、10%も減少してしまうこともわかっています。

ドーパミンの分泌を体外から助けるためには、動物性たんぱく質やたけのこ、バナナなどを積極的に摂りましょう!

オキシトシンの分泌を促す食品

こちらは愛情、信頼を決定づける通称・母性ホルモン。
この分泌がさかんだと、ストレスホルモンの血中濃度を減らすなどのストレス軽減作用があると言われます。
その結果、精神的なバランスが保たれることで美的トラブルが少なくなるんですね!

オキシトシンの分泌を助ける食品として知られているのが、肉類、魚介類、鶏卵、牛乳、大豆製品など。
前述したドーパミンの食品と似ていますが、それはオキシトシンの分泌がドーパミンの分泌にも繋がるからなんですよ。


これであなたも、恋をしている女性に負けずに綺麗を保っちゃいましょう!

関連記事