クリニックの美肌ケア「ピーリング」ってどんなもの?

クリニックの美肌ケア「ピーリング」ってどんなもの?

「ピーリング」という美肌ケアについて、聞いたことはあるけれど具体的にはどんな施術なのかよく知らない人も多いのでは?今回は東京女子医科大学東医療センターの皮膚科勤務の佐々木麗子先生にクリニックで受けられるピーリングについて教えていただきました。
陶器肌を目指すならピーリングがおすすめ 佐々木麗子先生

クリニックでできるピーリングとは?

一言でピーリングと言っても色々な方法があると思いますが、一般にクリニック(病院)でできるピーリングの施術にはどんなものがあるのでしょうか?

「一番よく知られているのはケミカルピーリングという手法ですね。酸性の薬剤を肌に塗布して、古くなった角質を取り除き、角質の生まれ変わりを促します。
エステサロンなどクリニック以外でもピーリングを受けられるところは増えていますが、使用できる薬剤の種類や濃度などが異なるので、即効性や大きな効果を期待される方はやはりクリニックできちんと診察と施術を受けることをオススメします」(佐々木先生)

ピーリングの具体的なやり方について

では、ケミカルピーリングの具体的な施術方法について教えていただけますか?

「まずは診察でお肌の悩みやどのように改善したいかを伺います。
ピーリング剤に使われる薬品はグリコール酸とサリチル酸が代表的な2種類ですが、それぞれ、濃度が数種類あり症状や期待する効果に合った濃度を選びます。
次に洗顔し、メイクや肌表面の汚れをしっかり落としてからベッドに横になった状態でピーリング剤を顔全体に塗布します。
この時、人によっては少しピリッとする感じを受ける方もいらっしゃいますが、すぐに治るので心配ありません。
しばらく時間を置いた後ピーリング剤を拭き取り、再び洗顔します。
ピーリング剤を付けて酸性に傾いているお肌を、洗顔することによってアルカリ性に戻しているんです。
最後にお肌に栄養補給をして、保湿クリームなどでしっかり保湿してあげたら完了です」(佐々木先生)

ケミカルピーリングをした後のダウンタイムはどれくらい?

美容クリニックでの施術の中で気になるのがダウンタイム。
ケミカルピーリング後のお肌には腫れや痛みはあるのでしょうか?

「実はケミカルピーリングにはダウンタイムが一切ないんです。
治療の後すぐお化粧をして帰ることも可能です。
ピーリング後の新しく生まれ変わったお肌は敏感なので、日焼け止めなども塗って紫外線を浴びないようにするとさらに良いと思います」(佐々木先生)

ケミカルピーリングにはダウンタイムがないというのは驚きでした。
会社帰りやちょっと時間ができた時に気軽に行えるので便利ですね。
佐々木先生、どうもありがとうございました。
■監修
佐々木 麗子 先生
東京女子医科大学東医療センター 皮膚科医

関連記事