【ベストコスメ大発表!】今イチバン効く、スキンケアTOP2降臨

【ベストコスメ大発表!】今イチバン効く、スキンケアTOP2降臨

やってきました、2016下半期ベストコスメ!VOCE読者に本気で推せる逸品だけが、ここに出揃いました!

◆準グランプリ◆ B.A セラム レブアップ

B.A セラム レブアップ
40ml ¥13500 /ポーラ

「自浄サイクル」を助け肌の疲れ印象を払拭

ベストコスメ受賞商品の開発背景を B.A セラム レブアップ プロダクトリーダー 湯本幸子さんは語る。

エイジングケアというと、○年後も美しい肌を、という向き合い方が一般的。けれどB.A セラム レブアップは、「日々の機微変化を感じている女性が増えたことが原点」と湯本さんが語るように、一日の中での肌変化に着目したところに、評価につながった新しさと驚きがある。

「近年、『朝と夕方で肌に変化がある』『夕方になると顔に疲れが溜まっている「自浄サイクル」を助け肌の疲れ印象を払拭よう』という声が多く聞かれるようになり、その原因を追究した結果、ヒアルロン酸の劣化と再生を司る“肌の自浄サイクル”にたどり着きました。劣化と再生を繰り返し、一日で約半分もの量が入れ替わるヒアルロン酸を常にフレッシュな状態に導くのは、大変難しいアプローチで本当に苦労しましたが、成分の探究と開発、また即効実感を生む処方開発ともに、思い描いていた以上のものが完成したと自負しています」

自浄サイクルを助ける効果と同様、強くこだわったのが、B.A シリーズとしては“安い”と感じる価格設定。

「多くの女性にB.A 品質を実感していただきたいとの想いから、初めて使う製品として利用意向の高い美容液で、比較的手に取りやすい価格を実現しました。B.A ブランドの入り口として、まずこの美容液からお試しいただけたらうれしいです」

審査員も大絶賛!

「テクスチャーが新感覚で気持ちいい! 隅々まで潤いが行きわたり、プリッとしたハリが蘇ります。肌が不調だと感じている方に特におすすめです」(美容家 小林ひろみさん)

「ノーベル賞受賞のリサイクル理論は、とっくにこの美容液が実現。上質コラーゲンの再生力を助けて、もちもちの弾力ハリ肌に! ただの初心者向けB.Aと思ったら損するよ」(ビューティエディター 近藤須雅子さん)

「肌の自浄サイクル低下という新たな課題を教えてくれたセラム。みずみずしい感触で肌がほっとするのと同時に、くすみやにごりを跳ね返せる体力が回復。お手入れの新ルーティンに!」(ビューティエディター 安倍佐和子さん)

「肌がつるんとして、ピンッ。澄んだ潤いが肌内を巡る効果か、くすみにくくなり透明感も上昇」(ビューティライター 橋本日登美さん)

「塗った瞬間、肌がつるん。前夜の手抜きお手入れをなかったことにしてくれる秀逸な一品」(ビューティライター 前田美保さん)

「とろっとしてすっとなじむテクスチャーがかなり快感。夜遅い時間になっても、肌がゆるんだりせずにハリ感をキープできているような実感大!」(ビューティライター 大貫未記さん)

「あらためて肌のみずみずしさとは何か、を実感。初めてのB.Aを選ぶならコレに決まり!」(ビューティライター 丸岡彩子さん)

「B.Aのエントリーモデルは、偏愛者まで使いたくなるような発想と使い心地に満ちている!」(VOCE編集長 石井亜樹)

◆グランプリ◆ SK-II R.N.A.パワー アイ クリーム ラディカル ニュー エイジ

 SK-II R.N.A.パワー アイ クリーム ラディカル ニュー エイジ
15g ¥11000(編集部調べ)
今や肌悩みの多くを化粧品で解決できる時代。そんななかグランプリに輝いたのは、「目の存在感」まで引き上げてしまうSK-IIのアイクリーム!

縦横無尽の強いハリ!「スキンケアででか目」

ベストコスメ受賞商品の開発背景を SK-II シニア サイエンティスト 佐々木喜美子さんは語る。

「目元のさらなる研究をもとに、女性のニーズをよりいっそう満たせるような革新的な製品づくりを目指して開発したのが、このアイクリームです」と佐々木さん。

まさにそのニーズと、ニーズを裏付ける発見が、グランプリへつながる第一歩となった。「SK-IIの調査で、多くの女性が『すっぴんでも目の印象がはっきりしている』のを理想とする一方で、特に30代以降では『年々目が小さくなっている』と感じている方が多いことがわかりました。また、SK-Ⅱが長年続けている『秋田15年肌研究』の中で、実際に20代後半から目が小さくなるという変化が現れていること、しかもそれは15年間で20%もサイズダウンしている、という衝撃的事実が判明したのです」 

加齢に伴い目が小さくなるという事実を発見しSK-IIが取り組んだのが、ふっくら感だけに終わらない、四方八方へのハリだった。

「皮膚で起きていることならスキンケアで解決できるはずだと考え、“引っ張る力”や“均一に包み込む力”を縦方向・方向へのハリによって引き出し、ハリのある目ヂカラをかなえるアプローチに取り組みました。そしてSK-IIにしかできないピテラ™と目元のための成分のコンビネーションで、緻密な目元の皮膚のネットワークをより強く、太く結びつける“ハリラップ”を形成する、このアイクリームが完成したのです。目は顔の印象を左右する重要なパーツ。凛とした目元印象をキープしたい方に、ぜひ使っていただきたいです」

審査員も大絶賛!

「やせてしぼんだ目元を、強力なハリで四方八方から引っ張り上げるなんてまさにアイケア革命」(ビューティジャーナリスト 齋藤薫さん)

「常に伸び縮みしている目のまわりの薄い皮膚にとけるように優しくなじむベース設計は、気持ちよく使い続けられる。まぶたの重さが気になるときに頼りたい一品」(ビューティサイエンティスト 岡部美代治さん)

「サッとなじみ ハリのある目元にしてくれます♡疲れた日も 塗って寝ると翌日は元気な肌に!」(VOCE専属モデル 垣内彩未さん)

「まぶたがかぶりぎみの人に大推薦。引っ張られたようなハリとともに肌がなめらかになって、続けると明らかに目がクッキリスッキリ」(ビューティエディター 入江信子さん)

「目元のシワっぽさやくすみは当然、むくみやたるみにまで手応え十分な豪腕さは見事!」(ビューティエディター 近藤須雅子さん)

「目を酷使するスマホ時代にぴったり! 重たいまぶたが数ミリ持ち上がるだけで目元って若返る」(ビューティエディター 平輝乃さん)

「『あれっ、まつ毛が上向いた?』よくよく考えてみたら、目まわりの皮膚がタイトになり、目が大きくなったから。このパワフルぶり、圧倒的に、早く使い始めた者勝ち!」(ビューティエディター 松本千登世さん)

「スキンケアで目ヂカラUPだなんて! 効果を実感できる“アイケアの新時代”到来は、すべての日本女性の目元を変える大ニュース」(VOCE副編集長 高橋絵里子)

撮影:菊地泰久/vale.(人物),伊藤泰寛,武藤誠(商品)、ヘア&メイク:イガリシノブ/BEAUTRIUM,松井みなみ、スタイリスト:川崎加織、モデル:垣内彩未(VOCE exclusive)、取材・文:穴沢玲子,丸岡彩子,宮下弘江、構成:鬼木朋子、河津美咲

VoCE最新号は「dマガジン」でお楽しみ下さい!

VoCE最新号

dマガジン会員の方は「最新号を読む」から是非続きをご覧下さい。

dマガジン非会員の方はまずはお試し!
今なら初回31日間無料「無料トライアル」へ

関連記事