流行に敏感なNY&LAガールズが実践する、7つのクリーンイーティング術

流行に敏感なNY&LAガールズが実践する、7つのクリーンイーティング術

NY&LAガールズが、どんな時でもヘルシーで美しいのは、クリーンイーティングという食習慣がライフスタイルに根付いているから!? 彼女たちの食習慣を真似して、身体の内側からヘルシー美人を目指しましょう。

私は20代のほとんどをNYで過ごし、たまたま近所にあったオーガニックストアに足繁く通っていました。それから20年経った今、美しく引き締まったNYガールズは当時よりも圧倒的に増え、ストリートを闊歩する姿には目を奪われるほどです。そしてNYと同じく、ウェルネスカルチャーのあるLAは、ますます食の意識が洗練され、ヘルシーなボディがまばゆいばかり。

常に新しいウェルネスカルチャーを発信し続けるNYと、ウェルネストレンドがライフスタイルに根付いているLAは、街のイメージは違っても、そこに住む女性たちはファッションの情報と同じくらい新しいヘルシーフード情報にも敏感です。そんな感度の高い彼女たちが日常に実践している、食生活の7つの習慣を紹介しましょう。

1. 地元でとれた旬の野菜や果物を求め、ファーマーズマーケットへ通う

左写真:LAサンタモニカファーマーズマーケット、右写真:NYグリーンマーケット

LAサンタモニカのファーマーズマーケットは朝から活気に溢れ、大都会でもみずみずしい新鮮な食材が並んでいます。NYのユニオンスクエアで開催されるグリーンマーケットは、おしゃれなニューヨーカーたちが集まる旬な場所!

2. サラダはボウルサイズで食べるのが基本!

左写真:LAオーガニックヴィーガンレストランのサラダ、右写真:NYオーガニックレストラン

彼女たちにとってサラダは、メインの前にいただく前菜でも副菜でもありません。サラダはもはや主食なのです! だから、ボウル1杯分がちょうどいいサイズ。ランチやディナーとしてたっぷり野菜を食べています。

3. 添加物、白砂糖、化学調味料使用の食品や、ホルモン剤・抗生物質使用の肉を避ける

左写真:LAオーガニックストア、右写真:NYオーガニックストア

彼女たちがスーパーでショッピングをする時は、原材料や使用されている食品表示ラベルをチェックするのがお約束。NY、LAどちらの街でも、夕方のオーガニックスーパーには、そんな彼女たちの姿を目撃します。右はNYイーストヴィレッジにある私が20代の頃に通っていた老舗オーガニックストア。

4. 外食をする時の店選びは慎重に

左写真:LAローフードレストラン、右写真:NYヴィーガンカフェのメニュー

外食する時は、化学調味料や精製された砂糖や塩、植物油(トランスファット)を使用するお店は避けて、自然食材を大事にするお店をチョイスするのが彼女たち流。NYの飲食店では、90年代から食品添加物不使用の張り紙「NO MSG」を目にしていました。

5. グルテンフリーを心掛ける

左写真:NYオーガニックレストランのグルテンフリー表示、右写真:LAロースイーツのテイクアウトコーナー

小麦に含まれているたんぱく質の一種であるグルテンは、消化に負担をかけて老廃物になりやすく、体重増加、身体のだるさや思考を鈍らせてしまうことを知るNY&LAガールズは、日頃からグルテンを極力避けています。レストランやカフェのメニュー、商品ラベルにグルテンフリーの表示は定着しています。

6. おやつが食べたい時はスマートスナッキングを

左写真:LAで買い集めたロースナック、右写真:NYヴィーガンソフトクリーム屋

スマートスナッキングとは、アサイーボウル、スムージー、スーパーフード、ナッツ、ドライフルーツなどの自然素材のヘルシーなお菓子のこと。彼女たちのバッグの中には、口寂しくなった時のためのスマートスナッキングが常備されています。

7. 定期的にデトックスする

左写真:LAコールドプレスジュース、右写真:LAターメリックや生姜を搾ったショット

定期的にジュースクレンズをしたり、デトックス効果の高い葉野菜のスムージーやウィートグラスのショットを日常的に摂ったりするなどして、彼女たちは自分で調整できるデトックス習慣を持っています。

これらの習慣を身につけている彼女たちの食事スタイル、つまりは身体にリスクを負わない自然食材を選んで食べることを「クリーンイーティング」と呼びます。ヘルシーで美しいNY&LAガールズがいつも輝いているのは、この食習慣を実践しているからこそだと思います。彼女たちの7つの習慣を参考にして、今すぐトライしてみませんか。


photo : WOONIN
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

関連記事