ちゃんと知っていれば怖くない!女性ホルモンの基本知識とは

ちゃんと知っていれば怖くない!女性ホルモンの基本知識とは

生活習慣の乱れから、生理不順や子宮の病気といった、女性特有の症状に悩んでいる人の話をよく耳にします。女性が生活していく上で欠かすことのできない女性ホルモン。今回は女性ホルモンについての押さえておきたい基本知識をご紹介します。

知っておきたい基本知識!女性ホルモンのバランスの変化について

日々の生活の中でも、体の中ではたくさんのホルモンが活動しています。これらの多くをコントロールしているのが、脳の視床下部と下垂体と呼ばれる場所です。この2つが卵巣に指令を出して連携し、約1か月かけてホルモン変動のサイクルを作っているそうです。
エストロゲンは、生理後から排卵にかけて分泌量が増加して、プロゲステロン排卵後から生理前にかけて多く分泌されます。

女性ホルモンはどういったときに分泌が乱れるの?

女性ホルモンは、不規則な生活やストレスなど、心身に負担がかかることで乱れやすくなると言われています。
女性ホルモンを分泌させる視床下部は、ストレスの影響を強く受けてしまう場所なのだそうです。不規則な生活や睡眠不足、無理なダイエットなど、身体に負担がかかることもホルモンにとってNG行動です。
たとえ生理が規則的にきていたとしても、ホルモンバランスが崩れている場合もあるので注意が必要です。そのほかに、身体が成長過程にある思春期や、ホルモンの分泌が少なくなる更年期にもバランスが乱れやすくなると言われています。

女性ホルモンの分泌の乱れは、体にどんな影響を及ぼすの?

一番わかりやすいのは生理です。周期の異常や、期間や出血量の変化、また生理前に不調がみられる人は、ホルモンの乱れが原因であると考えられています。そのほかにも冷えや肌荒れ、抜け毛、アレルギー症状など、さまざまなことに悪影響を及ぼす危険性があります。
また、この数年で体重が5㎏以上増加した人も、ホルモンバランスの乱れによる代謝の低下が考えられるので要注意です。さらに、排卵障害を引き起こす可能性もあるので、現在健康でも将来の不妊に繋がることもあります。
関連キーワード

関連記事