オイルクレンジングは本当に肌に悪いの?乳化作業で潤い肌に

オイルクレンジングは本当に肌に悪いの?乳化作業で潤い肌に

オイルクレンジングは乾燥しやすく、洗浄力が強すぎて肌に負担がかかる…という話をよく耳にしませんか?そんなあなたに是非知ってほしいのが、オイルクレンジングを肌の負担にさせない「乳化」というテクニックです。

オイルクレンジングと乳化の関係

オイルクレンジングが肌に悪いと言われるのには、オイルクレンジングに含まれる「界面活性剤」に原因があります。

界面活性剤とは、水分と油分を混ぜ合わせるために必要な成分のことです。クレンジングや洗顔料、食器用洗剤などの洗剤に配合されています。
このように、界面活性剤は日常の色々なものに使われているので、安全性が高い成分なんです。オイルが主成分のオイルクレンジングには、界面活性剤が多く含まれている傾向があるので、メイクだけでなく皮脂まで洗い流してしまう可能性が高く、肌に必要な潤いまで奪ってしまうと言われています。これが、肌乾燥につながる理由です。
そこでオススメなのが、肌を傷めない「乳化」作業です。乳化とは、水分と油分が混ざり合って、白く濁る現象のことをいいます。
オイルクレンジングのデメリットを補って、肌への負担を軽くしてくれる効果が期待できます。
乳化をするかしないかで、メイクの落ちも肌への負担も全く違ってきますよ。

オイルクレンジングを乳化するテクニック

オイルは馴染ませた瞬間にメイクを浮き上がらせてくれる効果があるので、ゴシゴシ洗わず、優しく手を滑らせましょう。
つづいて、少量の水で顔をまんべんなく濡らし、馴染ませます。すると、だんだん油と水が混ざり合い、白く濁って乳白色になります。これが乳化です。
あとはぬるま湯ですすぐだけで、キレイにメイクが落ちますよ。その後はいつものスキンケアで肌を保湿しましょうね。

いかがでしたか?普段からオイルクレンジングを使っている方や、これからチャレンジしてみたい方も、ぜひ「乳化」を試してみてくださいね。

関連記事