夕方になると近くが見えにくい…若者でもありえる「夕方老眼」とは

夕方になると近くが見えにくい…若者でもありえる「夕方老眼」とは

老眼は年配者だけの問題ではありません。朝はしっかり見えているのに、帰宅すると目がショボショボし、近くのものが見えにくいことはありませんか?その正体もしかしたら今、問題になっている「夕方老眼」かもしれません。

夕方になると見えにくい「夕方老眼」とは

一般的には40代以降から老眼になる人が増えますが、最近では20代や30代の人の中でも「近くが見えにくい…」と悩む人が増えているそうです。
とくに夕方になると見えにくくなる「夕方老眼」や金曜日になると見えにくくなる「週末老眼」などがあります。
そもそも老眼の原因とは
・レンズの役割をする水晶体の弾力が加齢ととともに低下すること
・水晶体を支える毛様体筋という筋肉が衰えること
なのですが、「夕方老眼」や「週末老眼」はパソコンや携帯電話などを長時間近くで見ることで、毛様体筋が固くなり、ピント調節機能が低下することから起こります。
つまり「夕方老眼」や「週末老眼」は目の疲れが蓄積している状態ということです。そのままにしておくと目の老化を早める結果になってしまいます。

あなたは大丈夫?「夕方老眼」「週末老眼」チェック

1.夕方や週末になると、昼間のように物が見えなくなる
2.夕方や週末になると目に痛みや重みを感じやすくなる
3.夕方や週末になると目が乾きやすい
4.小さな文字が見えにくくなった
5.近くのものを見ると疲れるようになった
6.メールを打つときに、数字を打ち間違うようになった
7.本や新聞を見る時に、少し遠ざけるようになった
8.人の顔がぼやける
9.本を読むより、テレビを見る時間が増えた
10.アイラインがきれいに引けなくなった
12.肩こりに悩まされる
13.長時間、目を酷使すると、吐き気がすることがある
14.1日7時間以上、パソコンやスマホ、タブレットなどを見ている

2つ以上当てはまるものがあれば、「夕方老眼」「週末老眼」になっている可能性が…。目の疲れを蓄積する前に対処しましょう。

【目の疲れを感じた時の対処法】
・5メートル以上遠くを眺める
・まぶたを閉じる
・蒸しタオルで5~10分程度、目を温める
・深呼吸する
・家では度の低いメガネで過ごす

視力の低下を感じたら、その日のうちに目を休ませることが大事です。
関連キーワード

関連記事