たっぷり美容液でも肌がカサカサ…。もしかして「勘違い保湿!?」

たっぷり美容液でも肌がカサカサ…。もしかして「勘違い保湿!?」

乾燥肌が気になる季節ですね。美肌をキープするためにたっぷり保湿しなきゃ、とあれこれやってみても、実はそれ、今やっている保湿が逆効果になっていることも?! 勘違い保湿を見直して、正しい保湿をしていきましょう!

「勘違い保湿」は肌の角質層の機能を低下させることも

保湿に関しての考え方には、大きくわけると次の2種類があります。NMF(天然保湿因子)が減少してしまっている乾燥肌の人だからこそ、勘違いの保湿には気をつけたいものです。

保湿のための「長時間パック」はNG?!

長時間の入浴など、肌が濡れている状態が続くと、角質層の細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)が流出してしまいます。細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)を補う作用や、生成力を高める作用のある成分が十分に入っていない化粧水で長時間パックをすると、肌がふやけて角質層の保湿成分が流出し、逆効果になってしまうことがあります。

「油分でしっかりフタ」も保湿の逆効果になる可能性が!

肌になじみやすいオイルを過度に肌に塗ると、セラミドを主成分とした細胞間脂質のバランスが崩れ、バリア機能が損なわれてしまうことがあります。ちなみに、皮膚科で乾燥肌の人用に処方されるワセリンは、ほとんど角質層に浸透しないため刺激もなく、皮膚の保護剤として安心して使用できます。

「乾燥肌だからフルラインナッップで化粧品を使う」のは肌トラブルの原因に

乾燥肌はバリア機能が弱った状態で、異物が肌に入り込みやすくなっています。たくさんの化粧品を使用することは、それだけ化学物質などを肌につける回数や量が増えるということになるため、場合によってはアレルギーや炎症を引き起こし、色素沈着(シミ)の原因となると言われています。肌が乾燥している時は、なるべく使用する基礎化粧品の種類を少なくし、シンプルなケアをする方が安心です。

乾燥肌にはミルフィーユ保湿がオススメ!

保湿の大切さはわかっていても、肌の潤いをキープするのはなかなか難しいですよね。そんな手強い乾燥に試したいのが「ミルフィーユ塗り」です。これは乳液と化粧水をミルフィーユのように重ねてつけていくスキンケア方法で、驚くほどしっとり&もっちりし、朝に行えば夕方まで効果が持続すると話題なんです!

ミルフィーユ塗りは、乳液を先につけることがポイント!乳液を肌に馴染ませたら、次は化粧水を肌につけて、手のひらでしっかりと吸収させます。肌の表面がベタベタしなくなったら、また乳液、化粧水、と繰り返し、肌がこれ以上吸収できないというところまでつけていきます。乳液を最初につけることのメリットは、乳液がブースターの役割をしてくれるということ。油分が肌表面に程よく馴染んで、ゴワゴワの肌を柔らかくほぐしてくれるのです。こうして肌が柔らかくなれば、後からつける化粧水や美容液も浸透しやすくなり、スキンケア効果が高まります。

ミルフィーユ塗りに使う化粧品は、さっぱりタイプのものがオススメです。しっとりタイプのものを重ねづけするとベタベタし過ぎて、後からつける化粧品がうまく入っていきません。乳液の代わりに美容オイルを使ってもOK!ホホバオイルや椿油などの植物性油にも肌を柔らかくする効果があるので、ミルフィーユ塗りにはもってこいです。特別なアイテムを使わず、お手持ちの化粧水でしっかりケアできるのも嬉しいポイントですよね。少し手間がかかるようにも思えますが、一度で肌の潤いを取り戻すことができるので、デート前の週末のスペシャルケアとして是非取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事