濡れ髪はNG!美髪をつくるために、ドライヤーを使って髪を乾かそう

濡れ髪はNG!美髪をつくるために、ドライヤーを使って髪を乾かそう

髪のためには、自然乾燥が良いと思っている方がまだまだいらっしゃるのではないでしょうか。
実は、ドライヤーで乾かす方が髪や頭皮には良いと言われているんです。濡れたままで寝てしまうと、様々なトラブルを起こしてしまう可能性があるんですよ。

美髪をつくるにはドライヤーで手早く乾かすことがポイント!

髪の毛は、洗ってからすぐ乾かさないと、頭皮に付着した水分が原因で雑菌が繁殖しやすい環境になるそうです。
また、フケやかゆみ、匂いの原因になったり、癖がつきやすくなってしまいます。なにより、濡れている髪の毛は、キューティクルがはがれやすい状態です。
まずは、タオルドライで髪の毛の水分をしっかり吸収しましょう。ゴシゴシこすると摩擦で髪が傷んでしまうので、優しく髪を叩くようにして水分をふき取るのがコツです。仕上げに、ドライヤーでしっかりと乾かしましょうね。

正しい髪の乾かし方を知って美髪をつくろう

1.【髪の毛の根元から乾かしていく】
タオルドライしたあとは、髪の毛の根元から乾かしていきましょう。髪の水分は重力で下にさがっていくので、根元を先に乾かすと全体が乾きやすくなります。
毛先から乾かすと、長い時間ドライヤーの熱を髪にあてることになってしまうので、乾燥の原因に。

2.【ドライヤーの熱風を上から下にあてて乾かす】
髪の根元を乾かしたら、次は頭の上から毛先に向かって熱風をあて、乾かしていきましょう。髪のハネが抑えられて、まとまりやすい髪に。
だいたい乾いたなと思ったら、全体的にドライヤーをあてて、乾き残しのないようにしましょう。

3.【仕上げにドライヤーの冷風をあてる】
冷風を当てると、髪のキューティクルがキュッと引き締まり、ツヤがでるそうです。
また、熱を持った髪は、冷たくなっていくときに形が決まっていくので、髪の流れを整える効果も期待できます。

さらに美髪に近づけるためには、トリートメントを使うのがオススメです。洗い流さないトリートメントをタオルドライのあとにつけて、そのあとにドライヤーをかけましょう。
これで、冬も乾燥知らずの美髪に近づけますよ。
関連キーワード

関連記事