ほとんどの女性が自覚症状なし!顔のコリをほぐさないと大変なことに

ほとんどの女性が自覚症状なし!顔のコリをほぐさないと大変なことに

「コリ」と言うと最初に連想するのは「肩」や「首」ではないでしょうか。しかし顔にもコリが存在します。そのコリをほとんどの女性が自覚していません。顔コリはしわなどの原因にもなりますので、マッサージなどでほぐす方法をご紹介いたします。

顔コリを放っておくとどうなる?コリやすい人の特徴

顔を少し手で押して見てください。少しでも気持ちいいなとかコリコリしているところを見つけたらあなたの顔は凝っているかも?この顔コリ、ほとんどの人が自覚症状がないのです。
顔にも30以上もの筋肉があります。その筋肉をきちんと動かしたり、ほぐしてあげないと顔のコリになってしまいます。筋肉がこわばってしまうと血流が悪くなり、水分や老廃物が血管内に溜まり目の下にクマができたり、目元がヒクヒクする原因となります。そして顔のコリはむくみやたるみ、くすみにシワといった肌の悩みも増やしてしまうことになるので、凝り固まった筋肉をほぐして肌の悩みを解消していきましょう。

【顔がコリやすい人の特徴】
・笑顔を絶やさない(接客業)
・目が悪くて、目を細めがち
・口をぎゅっと力を入れて結ぶ癖がある
・表情を変えない

筋肉は使いすぎても使わなさ過ぎても固まってしまいます。無表情でいるのもずっと笑顔でいるのもコリの原因になってしまうのですね。コリをほぐすマッサージをご紹介いたします。

顔コリマッサージの仕方

顔コリマッサージはお風呂上がりにするのがベストです。基本は軽くつまんでゆっくり押すだけで大丈夫です。部位ごとにもマッサージ方法があるのでご紹介いたします。

・額のマッサージ
掌にある親指の付け根のふっくらと盛り上がった部分を使ってマッサージをします。両手のその部分をおでこの中心から外側に向かって円を描くようにマッサージします。次に握った指の人差しの第二関節を使って、眉から生え際に向かい、小さな円をクルクルと描くように移動させマッサージをします。

・目の周りをほぐすマッサージ
目尻から目頭に向かって目の下の骨に沿って人差し指で押します。このとき、目の下の骨に軽く指をひっかけるような感じです。次に両手の親指の腹を眉頭の下に当てまぶたの上の骨に沿って目頭から目尻まで指を移動させながらマッサージ。

・小鼻周りをほぐす方法
小鼻の周りに人差し指を当て、上向きの半円を描きながら軽く動かしてください。小鼻の側面からほおにかけてマッサージします。

・顎のマッサージ
指先を耳の前の頬骨の下部分に置きます。指先でかるく揉みながらエラの部分に移動し、奥歯をくいしばった時に盛り上がる筋肉を指先でほぐします。

顔の中で一番筋肉の数が多いのは「顎」です。なので顎のコリをほぐすことで小顔効果も期待できます。首も同時にマッサージして上げると、老廃物が流れるのでよりいいです。今回は手でマッサージする方法をご紹介いたしましたが、かっさを使っていただいても、もちろん良いです。
顔コリをほぐしてシワやたるみの防止をしましょう。
顎の凝りをほぐす3つの方法
(出典 : youtube
顎のコリをほぐす方法の動画です。参考にしてください。
関連キーワード

関連記事