待って!泡立ちのいい洗顔料と良く落ちるメイク落としの落し穴

待って!泡立ちのいい洗顔料と良く落ちるメイク落としの落し穴

メイクをする女性にとってメイク落としと洗顔料は日々使うとっても大事な物ですよね?化粧品は言うまでもなく、肌にとっては好ましくない成分も入っていますので、しっかりメイクを落とすことは必要です。しかし、そこには大きな落とし穴があったんです!

泡立ちのいい洗顔料とよく落ちるメイク落としの落とし穴

洗顔料についてみなさんは何で選んでいますか?最近、テレビなどで泡立ちのいい洗顔料を取り上げたりしていますが、泡立ちのいい洗顔料ならよく汚れが落ちると思ってはいませんか?これは大きな間違いです!

洗顔料はもちろん汚れを落とすことを目的としているので、それができることが一番大事です。間違った認識をしている方も多いかもしれませんが、泡立ちがいいことと汚れを落とす力というのは無関係です。ではなぜこんなに泡立ちがいい洗顔料が取り上げられているのでしょう?

顔を洗う際には、まずネットや手で泡立ててから使用すると思います。その後、顔に泡を乗せ、洗っていきますが、肌にとって「こする」という行為は好ましくない行為です。その際に、泡立ちのいい洗顔料であると泡がクッションの役割をしてくれ、こするという行為を防ぐことができます。その点においては泡立ちのいい洗顔料は良いと言えます。なので、泡立ちのいい洗顔料が良く取り上げられるようになりました。

しかし、泡立ちが良すぎる洗顔料というのは大抵の場合、石油系界面活性剤が使われています。これは食器用洗剤などに使われるとても強力な薬剤です。それを顔に塗るということは恐ろしいことです。適度な泡立ちならいいですが、手の上に泡を乗せ、手をひっくり返しても泡が落ちない、という洗顔料はその危険性を考えてみてください。

メイク落としについてもよく落ちるオイルのメイク落とし等が出ていますが、これは顔の必要な油分まで落としてしまってしまっていることがほとんどです。

どのような洗顔料とメイク落としがいいの?

良い洗顔料というのは、しっかり汚れを落としてくれる洗顔料です!しかし、石油系界面活性剤などが入っているものは避けましょう。オーガニック系の洗顔料は泡立ちも良くなく、少し物足りないと思う方もいるかもしれませんが、そのくらいの方が肌にとってはいいのです。使っているうちに肌本来の力を引き出してくれますよ。

メイク落としはオイルだとしっかりメイクを落としてくれますが、必要以上に肌に必要な油分も落としてしまうことがあります。クリーム状のメイク落としは肌はしっとりしますが、落としきっているという感じはしないかもしれません。ジェル状のメイク落としは、オイルとクリームの良いとこ取りができるのでおススメです!

いかがでしたか?落とし穴には気を付けて、自分に合った洗顔料、メイク落としを見つけていきましょう!
関連キーワード

関連記事