足の甲をマッサージすると美肌と自律神経を整える事ができるんです

足の甲をマッサージすると美肌と自律神経を整える事ができるんです

女性は年齢を重ねる毎に『自律神経失調症』になりやすくなるそうです。自律神経が乱れると、不眠や疲れを感じやすくなり、無気力になってしまいます。
足の甲をマッサージするだけでそれらの症状が緩和するんです。是非試してみたいですよね!

足の甲のマッサージしていますか?

足の裏やふくらはぎのマッサージを毎日のボディケアに取り入れている方も多いと思いますが、足の甲の部分をマッサージしている方は少ないのではないでしょうか?
実は、足の甲には女性にとってとても大切なホルモンや美肌のツボ、そして自律神経を整えるツボがあるんです!
足の甲は普段マッサージしない分、痛いと感じる方も多いようですが、痛いのは滞っている証拠です!痛いと感じた部分はより念入りにほぐしてくださいね。
足が不思議と温まり、むくみも解消します。そして何より、自律神経の乱れにもとっても効果が期待できる一石二鳥いや三鳥くらい効果が期待できちゃいますよ。

足の甲にある『自律神経』と『美肌』のツボ

それでは、足の甲にあるツボのご紹介をしますね!

【太衝(たいしょう)】
足の親指と人差し指の間から足首方面の骨の手前に太衝というツボがあります。
このツボは、シミやそばかすを防ぎ、さらに子宮疾患や尿道炎などの生殖器病などに効くそうです。毎月の生理痛が辛い方は特に毎日のマッサージに取り入れると良さそうですよね。

【解谿(かいけい)】
解谿は、足首を曲げるとシワのできる部分のちょうど真ん中あたりのツボです。
解谿という足のツボは、こむら返りや、足の痺れ、足のねんざ、関節炎、ぎっくり腰、リウマチに効果があるとされていますが、他にも二日酔い、眼精疲労、視力低下、頭痛、顔のむくみ、便秘、胃痛、腹痛、咳、冷え性などにも効果があるようです。

【照海(しょうかい)】
照海は、内くるぶしのすぐ下のくぼみのツボです。
このツボには、低血圧の緩和、生理不順や月経前症候群(PMS)のさまざまな症状に効果があります。また、このツボをマッサージすることで自律神経も整えられるそうです。

今回ご紹介したツボはごく一部ですが、足の骨や筋部分には老廃物がたまりやすいそうなので、日ごろから足の甲をマッサージしてほぐす事を意識してご自分の体調を整えてくださいね。
マッサージの方法は他の部位と同じで、クリームやオイルをしっかりもみこんで、すべりを良くする事、基本的には下から上に流す事を意識する事が大切です。
関連キーワード

関連記事