生理前や生理中の不眠に悩んでいる女性は必見!不眠の原因と対処法

生理前や生理中の不眠に悩んでいる女性は必見!不眠の原因と対処法

生理にまつわる体調の変化は不思議なことがたくさん。生理前になるとなぜか、昼間はひどく眠いのに、夜になると目が冴えてしまって眠れなくなるという女性は少なくありません。そこで今回は、女性の不眠症の原因と対処法をご紹介しましょう。

生理前や生理中の不眠の原因

まず、ベッドに入ってからの寝つきは、その時の体温に大きく関係していると言われています。1日を通じて人間の体温は、早朝4時頃が一番低く、それから徐々に上昇し、お昼から午後2時頃にピークを迎え、夜に向かって下がり始めるそうです。
つまり、体温を下げることで体は眠る準備をするのですが、昼間と同じように体温が高いままベッドに入ると、なかなか寝付けなくなってしまうのです。
女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、生理中はエストロゲン多く分泌されています。
エストロゲンは、体温を上昇させ、覚醒を促す性質があり、その影響によって、体温が夜になっても下がらず寝付けなかったり、睡眠が浅くなり、何度も途中で目を覚ましてしまう原因になるのだそうです。

生理前や生理中の不眠の対処法とは

対処法としては、女性ホルモンのバランスを整えるされているビタミンB群、その中でも特にビタミンB6を多く採ることが効果的です。
ビタミンB6は睡眠時に働く副交感神経の働きを活性化させ、リラックス効果があるそうです。大豆やバナナ、豚肉などに多く含まれています。
また、就寝の30分位前にお風呂に入るのも効果的。一時的に体温を上昇させてベッドに入ることで、就寝後の体温との温度差が生まれ入眠しやすくなるのだそうです。
しかし、熱すぎるお風呂に入ると交感神経の活動が活発になってしまい、脳を興奮させかえって眠れなくなってしまうので注意が必要です。
40度程度のぬるめのお湯に15分から20分程度浸かるのがおすすめです。

関連記事