乾燥の冬!粉吹き状態のカサカサな口元対策とっておきの3つとは

乾燥の冬!粉吹き状態のカサカサな口元対策とっておきの3つとは

冬は乾燥の気になる季節。ただでさえカサカサになりがちな顔の中でも、口元の周りは皮ふが薄くつねに乾燥しがち。粉吹き状態の口元では恥ずかしいですよね。今冬必ず実践したい、口元の乾燥対策3つをご紹介します!

口元が粉吹き状態!乾燥してしまう原因って?

特に自覚がなくても、ふと鏡を見た時に口元の端が粉吹き状態になっていることありませんか?
乾燥の気になる冬にしっかりケアをしておかないと、春先になっても口周りがカサカサのまま過ごすはめに。
顔全体ではなく、口の周りの皮ふがむけたりカサカサになったりしてしまう…。
そんな悩みを抱える方必見の、口元の乾燥対策について今回はお届けします。

【口元が乾燥する原因】
口元の端が粉を吹いていたりカサカサになったりするのには、次の理由が考えられます。

・顔の中でも、口周りの皮ふが薄いから
・顔の中で、最も摩擦の多い場所だから
・顔の中で、スキンケアがおろそかになりやすい場所だから

もともと、表皮の角質層の厚みはわずか0,02mmです。
その中でさらに皮ふの薄い口元は、目元と同じく乾燥や刺激には敏感でとても弱いのだそう。
また、食事をしたり飲み物を飲んだり人と話したりと、私たちが起きている間口元はつねに動き続けています。
その摩擦により乾燥が悪化し、粉吹き状態になってしまうことも多いのだとか。

乾燥する口元に!とっておきの粉吹き対策とは

それでは、粉吹き状態にならないよう口元の潤いを保つ為には、どのような対策が有効なのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

【口元の乾燥対策3つ】
○外出時にはマスクを着用する!
空気の乾燥している冬の時期、特にオススメなのがマスク着用を習慣にすること。
マスク一枚あれば、屋内外問わずどこでもできるケア方法なのでお手軽ですよね。
飲食以外の時にはなるべくマスクを着用し、保湿ケアを心がけましょう。

○口元パックをする!
口元専用の保湿ケアアイテムとして、シートマスクを使うのもオススメです。
シートマスクの代わりに、化粧水をたっぷりコットンにつけ使用するのもOK。
保水をした後、乳液や美容クリームなどでしっかりフタをしてあげることで保湿力アップも期待できます。

○口元を強くこすらないようにする!
食事をした後や化粧直しをする時など、口周りに触れる時はなるべく刺激を与えないようにするのがポイント。
ゴシゴシ摩擦は乾燥の元。
口元をぬぐう時には軽く押さえるようにするなど、普段から摩擦を与えない習慣を身につけましょう。

いかがでしたか?
潤いを逃さない工夫と保湿ケアを心がけて、今冬は乾燥知らずの口元で過ごしましょう!
関連キーワード

関連記事