【完全版】眉毛の悩み解消!美人になれる眉毛の整え方&描き方

【完全版】眉毛の悩み解消!美人になれる眉毛の整え方&描き方

眉毛は、その形や色によって、清楚、クール、トレンド...と、顔のイメージを大きく左右する重要なパーツです。でも、「上手に整えられない」「左右対称に描け...

眉毛は、その形や色によって、清楚、クール、トレンド...と、顔のイメージを大きく左右する重要なパーツです。でも、「上手に整えられない」「左右対称に描けない」「トレンド眉の整え方が知りたい」などなど、眉毛の整え方や描き方にお悩みの人も多いようです。そこで、眉毛の整え方から太眉、丸眉、平行眉などなりたい印象別の描き方まで、眉毛にまつわるすべてをご紹介します!

知っておきたい! 正しい眉毛の整え方&描き方

理想の眉毛を手に入れるためには、まず基本的な眉の整え方&描き方をマスターしましょう!

眉毛のカット方法

眉毛が生えるスピードには個人差がありますが、約1カ月に1〜2回ぐらいのペースでカットするのがオススメです。

<用意するもの>

眉カットばさみ 毛抜き アイブロウブラシ アイブロウペンシル

<カットのやり方>

1. アイブロウブラシで毛流れを整えます。
2. アイブロウペンシルで理想の眉の形を描きます。
3. 眉のまわりのむだ毛を、眉カットばさみや毛抜きで整えましょう。
4. アイブロウブラシを斜め上から当ててキープ。
5. ブラシからはみ出した毛を、眉用はさみで少しずつカットします。
6. 次にブラシを斜め下から上に向かってとかし上げ、上にはみ出た毛をカットします。

左右の眉毛のバランスが見られて、両手が使える置き鏡でしっかりチェックしましょう! ひじをテーブルなどに固定しながら行うと、ズレやブレも防止できますよ。

>>【眉毛の整え方】なりたい顔を叶える♡正しいカットテク

左右対称に仕上げるコツ

眉を描くときに気をつけたいのが、左右の形を対称にすること。眉毛を左右対称に仕上げるには、両眉の毛流れを整え、眉の形を観察してから、苦手な方の眉を先に描き、その形に近づけるように得意な方の眉を描き足していく方法がおすすめです。もとの眉の形や高さが左右極端に違う人は、交互に少しずつ描いて、鏡で両眉をチェックしましょう。

>>"苦手な方から"が左右対称に描くコツ!知っておきたい眉の整え方&描き方

形、カラー、質感いろいろ!なりたい眉毛の描き方

理想の顔に近づきたいなら、まずは眉毛の描き方を変えるのが正解。眉毛の形、カラー、質感を変えるだけで、顔の印象がガラリと変わります。眉毛のタイプ別に、与える印象とその描き方を紹介します♪

■丸眉編

「細すぎないナチュラルな太さ」「少し眉山を感じる丸みを帯びた形」「濃い目のカラー」の3つが揃った、ゆる丸濃いめカラー眉。女性らしく柔らかい雰囲気で男性ウケも◎!

ゆる丸濃いめカラー眉の描き方

<用意するもの>

ナチュラルブラウンのパウダーアイブロウ(髪色と同じくらいか、少し暗いぐらいがベター)

1. 眉毛が少ない人は、ナチュラルブラウンのパウダーアイブロウで眉の薄い部分を埋めます。
2. 眉山から自然なアーチになるように眉尻まで描き足します。眉山の下部分を避けて描きましょう

眉山の下を埋めずに空間を作っておくことで眉がゆるやかなカーブを描き、わざとらしさのない洗練された丸眉に仕上がります。

>>女性らしい優しい雰囲気に♡「ゆる丸濃いめカラー眉」の描き方

■細めアーチ眉

凛々しさは残しつつハンサムすぎない、ほどよい女性らしさが魅力の細めアーチ眉。「眉頭の毛並み感」「少しダークな色」「アーチを描くような眉山」の3つがポイントです。

細めアーチ眉の描き方

<用意するもの>

明るめのパウダーアイブロウ 1トーン暗めのアイブロウペンシル スクリューブラシ

1. 明るめのパウダーアイブロウで眉のベースを整えます。
2. トーン暗めのアイブロウペンシルで、毛が足りない部分を1本1本描き足します。

特に眉頭の毛は、毛並みがわかるよう、上に向かって描き足しましょう。

3. 眉山部分は、角がほんのりつく程度の緩やかさを心がけてアーチにします。

眉山の下を埋めてしまうとストレート眉になるので、山のカーブに合わせて眉下にもカーブをつけましょう。

4. 最後に、スクリューブラシなどで、眉頭の毛を立たせるようにとかしたら完成です。

>>ほどよい女性らしさをアピールできる♪「細めアーチ眉」の作り方

■平行眉

ミランダ・カーやカーラ・デルヴィーニュなど、海外セレブたちも取り入れていることで人気の平行眉。ふんわりとナチュラルな印象になれるだけでなく、目と眉の距離が近づき、目力アップも実現します。

平行眉の描き方

<用意するもの>

ブラウンやダークブラウンのパウダーアイブロウ アイブロウペンシル

1. アイブロウペンシルで毛の薄い部分に、毛を一本一本描くように色を足します
2. パウダーアイブロウを使って、眉頭と黒目の上部が一番濃くなるように色を調整します

Before/After

写真でも分かるように、眉毛を太めの平行眉にしただけで、雰囲気が全然違いますよね。何だか目力もアップしてスッキリした印象です。

>>お手本はミランダ・カー♡目力アップもできちゃう「平行眉」のコツ

■ハンサム男眉

眉毛をキリっと男性っぽく仕上げるだけで、凛とした美人顔にチェンジできます。色はブラウンではなく、あえてグレーを使うのキモ!

ハンサム男眉の描き方

<用意するもの>

濃いグレーのアイブロウペンシル 透明マスカラ

1. よりキリっとした印象になるように、眉頭をスクエア気味に描きます。この時、毛を立てるように上に向かって描きましょう。
2. 黒目の上の眉を一番濃く描き、眉尻は毛流れにそって自然になるように描き足します。

こうすることで立体感が増し、のっぺりとした眉になるのを避けられます。

3. 眉を描き終えたら、眉毛を立体的に見せるために、透明マスカラで毛流れを整えます。

眉頭の毛は上に持ち上げるように整え、ほかの部分は毛流れにそってなぞるようにして整えましょう。

>>凛とした美人顔を目指すなら、「ハンサム男眉」にチェンジ

■濡れツヤ眉

眉にツヤがあると、みずみずしさで一気にフレッシュな印象に。アイブローワックスを使えば、簡単に1本1本の毛を主張させ、立体的でツヤのある眉に仕上げてくれます。

濡れツヤ眉の描き方

<用意するもの>

パウダーアイブロウ アイブローワックス

1. 自眉が薄ければ、毛が生えていない部分をパウダーアイブロウで埋めます。
2. アイブローワックスを使用して、眉の毛流れを整えます。特に眉頭の毛は、しっかり立たせるように上に向かってとかしましょう。

中央から眉山も上方向にとかすと、自然な立体感が出せます。

>>眉毛にもワックス!?ツヤ&立体感がポイントの「濡れツヤ眉」の作り方

■赤茶眉

眉にカラーをのせれば、即おしゃれな雰囲気に。赤茶眉なら、簡単に色っぽ顔が叶います♪

赤茶眉の描き方

<用意するもの>

ブラウンのパウダーアイブロウ、またはペンシル 赤茶色のパウダーアイブロウ

1. ブラウンのアイブロウパウダーやペンシルなどで、土台となる眉の形を描きます。

女性らしさを出すために、ストレートな太眉ではなく、ちょっと丸みのある形に仕上げるのがオススメ。

2. 赤茶色のパウダーアイブロウをブラシに取り、毛自体に色をのせるような感覚で、パウダーを眉全体にのせていきます。

地肌に色をつけるのでなく、ブラシを左右に振りながら毛だけにつけることで、ナチュラルなカラー眉に仕上がります。

>>だまされたと思ってやってみて!誰でも簡単に"色っぽ女子"になれる「赤茶眉」のテク

夕方に眉毛が消えてしまう原因と改善テク

夕方になると眉尻が消えて、眉なしおばけに...なんて人も少なくないのでは? そんなお悩みは眉メイク前の仕込みテクで解決しましょう! さらに消えてしまった時のお直しテクもご紹介します!

眉毛が消える原因
描いた眉が消えてしまうのは、眉毛の毛穴から汗と皮脂が出ることが原因の一つ。眉毛に汗や油分が残っていると、にじんだり消えたりします。

眉メイク前の仕込みテク

朝の化粧水や乳液などのスキンケアはしっかりとなじませておく ファンデーションなどベースメイクを仕上げるときに、眉毛をフェイスパウダーでサラサラに。

フェイスパウダーは毛流れに逆らうように眉尻から眉頭に向かってつけます。パウダーの前に皮脂崩れ防止の部分用下地をつけておくと、より崩れにくくなります。

■消えにくい眉毛の描き方

<用意するもの>

アイブロウペンシルまたはリキッドアイブロウ(特に崩れやすい人はウォータープルーフタイプのアイブロウを!) パウダーアイブロウ 眉マスカラ

1. 眉尻や眉の足りていない部分に、アイブロウペンシルやリキッドアイブロウで一本一本毛を足すように描きます。
2. 眉全体をパウダーアイブロウで描き整えます。
3. 眉マスカラを眉毛の流れと逆方向につけ、その後、根元から毛先にとかすようにして仕上げます。

眉マスカラで仕上げるとキープ力がアップするだけでなく、より立体的で肌なじみのいい自然な眉に仕上がります。

■消えてしまったときの簡単お直しテク♪

<用意するもの>

あぶらとり紙、またはティッシュ フェイスパウダー、またはパウダーファンデーション アイブロウペンシル、またはリキッドアイブロウ

1. あぶら取り紙やティッシュなどで、汗や皮脂を抑えます。
2. フェイスパウダーやパウダーファンデーションで肌をサラサラの状態に整えます。
3. 眉尻など消えている部分だけアイブロウペンシルやリキッドアイブロウで描き足します。

>>パウダーがマロ眉を救う!汗にも皮脂にも負けない眉毛の仕込みテク

眉毛の整え方から、なりたい印象別の描き方、お直しテクまで、これさえ覚えておけば完璧! の眉毛メイクのコツをご紹介しました。しっかりステップを踏めば失敗なく、理想の眉が叶うので、ぜひ今日から実践してみてくださいね。

●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事