【保存版】ニベア・オロナイン・ベビーパウダーの意外な使い方まとめ

【保存版】ニベア・オロナイン・ベビーパウダーの意外な使い方まとめ

どれも昔から使われていて安心でき、圧倒的なコストパフォーマンスを誇っている「ニベアの青缶」「オロナインH軟膏」「ベビーパウダー」の三社ですが、今まで様々な使い方が紹介されてきました。見やすくまとめたので参考にしてください。

ニベアの青缶の使い方まとめ

高級クリームと成分がほぼ一緒だと噂になったニベアの青缶。家に置いてある方も多いのではないでしょうか?
【基本の使い方】
・洗顔後、化粧水の代わりに塗る
・保湿クリームの代わりに、ボディや顔に塗る
・アイクリームとしても使える
・シェービング後にアフタークリームとして使える
・髪の毛をカラーリングする際に、生え際などに塗って肌にカラー剤がつくのを防ぐ
【意外な使い方】
・少量だったら髪の毛に塗っても良い。
肌に塗った後、手を洗わずに濡れた髪の毛につけると良いです。
・テカリ予防
ファンデーションをつける前にテカリが気になるところに薄くつけることで、余分な皮脂をでにくくします。
・メイク直しに
薄く伸ばして、ティッシュオフしてからファンデーションを重ねるとファンデーションがしっとりとなじみます。
・スペシャルリップケア
唇に厚塗りしてしばらく放置し拭き取ります。
・シェービングクリームとして
シェービングクリームにも使えますし、剃った後のアフターケアにも使えます。
・スペシャルフェイスケア
マッサージクリームとして塗り、顔をカッサなどでマッサージ、その後濡れたタオルなどで拭き取ります。
・まつげに塗る
乾燥が防げるので、まつげが長くなったという方も!?
・爪周り、爪にも塗れる
・眉間のシワ・ほうれい線ケア
・家具のツヤ出しや皮革クリーム、靴クリームとして

オロナインH軟膏の使い方まとめ

【基本の使い方】
・ひび、あかぎれ、しもやけ、きりきず、すりきず、軽い火傷水虫の治療として塗る
・ニキビができたらポンっとつけておく

【意外な使い方】
・手のひらで化粧水と混ぜて保湿クリームとして
・殺菌作用があるので、脇に塗って臭い対策として
・毛穴ケアとして
やり方
洗顔後タオルドライして、『オロナインH軟膏』を鼻に厚めに塗って10分間放置。洗顔料を使ってしっかりと洗い流し、剥がすタイプの毛穴シートを使う。記載されている時間通りに毛穴シートをはがして終了。

ベビーパウダーの使い方まとめ

【基本の使い方】
・あせもやただれ防止に皮膚に塗布できる
・軽度のあせも、かぶれ、ただれ、股ずれ、剃刀負けなどの患部の治癒にも効果が期待できる

【意外な使い方】
・入浴後、ボディークリームを塗った後にベビーパウダーをつけるとベタつかない。夏はボディークリームをつけずにバビーパウダーだけでもOK
・ファンデーションの代わりに
日焼け止め、コンシーラーの後にベビーパウダーをつける。BBクリームを薄く付けた後もベビーパウダーを仕上げ用につけることもできます。
・洗顔フォームにティースプーン1杯くらいのベビーパウダーを混ぜて洗顔する
毛穴の汚れが取れてさっぱりしますよ。
・牛乳とベビーパウダーを混ぜてパックする
ヨーグルト程度の固さにしたものを顔に塗り、10分待ちます。水だけで洗い落とし、タオルで軽くふき取ります。化粧水や乳液ではなく、ベビーパウダーを顔全体につけて完了。
・脇などにつけておくと制汗剤の代わりとなり、汗を吸収、臭いも抑える
・ニキビに使える
ニキビにオロナイン湿布後にベビーパウダーをつけると炎症を和らげる効果が期待できます。
・口紅を落ちにくくする
口紅を塗った後、ベビーパウダーをつけグロスを塗ると落ちにくいです。
・夏にはアイメイクのにじみを防ぐ
アイメイク後ベビーパウダーを綿棒などでつけることで、汗によるにじみを防ぎます。
・チークの後につける
ふんわりした仕上がりに

色々な使い方ができるので「ニベアの青缶」「オロナインH軟膏」「ベビーパウダー」の3つは常備しておくと良いですね。

関連記事