ドライヤータイムの簡単ヘアケアで目指せ美髪美人

ドライヤータイムの簡単ヘアケアで目指せ美髪美人

冬は肌だけでなく、髪の毛もたっぷりケアしてあげたい時期です。今回はドライヤータイムに行える簡単ヘアケアを3つご紹介します。
冬の乾燥している空気では、髪の毛もパサパサになってしまいがち。静電気で広がる髪の毛は、乾燥によるダメージが蓄積された状態になっていることも。そこでドライヤータイムに行える簡単ヘアケアを3つご紹介します。

(1)乾かす前にオイルトリートメントを塗る

お風呂上がりのタオルドライした髪の毛には、オイルトリートメントを塗りましょう。湿ったままの髪の毛をドライヤーで乾かすと、髪の毛にとって必要な水分も蒸発しすぎてしまいます。
オイルトリートメントを使って、髪の毛の表面に蓋を作ってあげることで、乾燥を防ぐ効果が期待できます。

(2)温風と冷風の2段階を使う

ドライヤーには温風と冷風の2種類がありますが、温風しか使っていないという方も多いのではないでしょうか。実はこの冷風こそ乾燥から髪の毛を守る大切なポイントです。
髪の毛にあるキューティクルという組織は、温風で乾かすとどんどん開いていってしまいます。ここから髪の毛の水分が失われ、乾燥の原因にもつながることに。それを防ぐために、温風の後には冷風で、開いたキューティクルをしっかり閉じてあげましょう。

(3)お風呂上がりはすぐにドライヤーで乾かす

お風呂上がりは化粧水をつけたり、汗がひくまでのんびりするなんて方も少なくないよう。しかし、お風呂で濡れた髪の毛は、キューティクルが開いた大変デリケートな状態です。このまま放置しているのは、乾燥を招く悪習慣の一つといえるでしょう。
お風呂から上がったら、すぐにドライヤーでしっかり乾かすことが重要。上記で紹介した2つのポイントを意識して、しっかりヘアケアしてあげましょう。

冬は肌だけでなく、髪の毛もたっぷりケアしてあげたい時期です。ドライヤータイムの簡単ヘアケアで、乾燥知らずの潤い美髪を目指してみてくださいね。

関連記事