ダイエット成功の秘訣!~『代謝』について正しく知ろう!~

ダイエット成功の秘訣!~『代謝』について正しく知ろう!~

ダイエットや美容において重要なカギを握る『代謝』。この単語は聞いたことがあるけど、何かと言われるとわかるようなわからないような…と、あいまいな状態で体作りに励んでいる方も多いのではないでしょうか。今回は代謝を正しく知るためのお話をします!

代謝とダイエットの関連性

ダイエットや美容について学んでいると、代謝という言葉はしばしば登場していますよね。代謝についてきちんと知っておくことは、美ボディや美肌を作るためにとても大切です。

まず、代謝とは一言で説明すると、「エネルギーを消費すること」です。
食事など外部から取り込んだ栄養素が、体内で様々な化学反応を起こし、生きるのに必要なエネルギーを作り出して消費するという一連の流れであります。
私たちの体は、摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスが重要であり、摂取と消費の偏りによって、太ったり痩せたりします。

実は、この代謝とは以下のように大きく3種類に分類できます。

1.基礎代謝
2.生活活動代謝
3.食事誘発性熱産生(DIT)

1の基礎代謝は、別名「睡眠時代謝」とも言われ、眠っている間やじっとしているだけでも行われるエネルギー消費のことです。
2の生活活動代謝とは、ランニングやウォーキングなど運動によるエネルギー消費のことです。体を動かせば動かすほど、代謝はアップします。
3の食事誘発性熱産生はDITとも呼ばれ、食べることによる代謝のことです。食事をすれば胃や腸など内臓が動きますが、内臓が健康であるほど活発に動くのでエネルギー消費量も多くなります。

このような3つの代謝ですが、1日の消費エネルギー量に占める割合は、基礎代謝(約60%)・生活活動代謝(約30%)・食事誘発性熱産生(約10%)だと言われています。

代謝アップのコツとは

みなさんは、朝食をきちんと摂っていますか?

食べることでもエネルギーを使うので、毎日の食事はとても重要です。もし食べなければ、胃酸の分泌が悪くなったり、栄養素の吸収が弱まってしまいます。体の内側を活動的にするためにも、食事を抜くことは効率的ではありません。
ダイエットを成功させたいのであれば、食べないよりも「上手に食べる」ことが大切です!

先ほど、食事誘発性熱産生(DIT)における一日の消費エネルギー量の割合は約10%とご説明しました。さらに言うと、DITは主に「朝食」で消費されるのです。
つまり、朝起きてスグという代謝の低い状態で食事を摂ると簡単に代謝を上げることができるのです。
このため、代謝の観点から見ると朝食を食べない方は代謝アップの損をしていることになるので、できるだけ朝食を摂り、朝からしっかり代謝を上げていきましょう。
また、たんぱく質は代謝アップのお助けまんになります!朝食に魚・肉・卵を積極的に食べましょう。

そして、ダイエットにおいて重要な役割を担うのは「基礎代謝アップ」です。
基礎代謝を高める近道は、筋肉をつけることなので筋トレやランニング、ウォーキングを取り入れることができれば効果的です。運動にあまり慣れていない方は、駅ではエスカレーターではなく階段を使ったり、歩数を増やすなど少しでも筋肉を使うように身近なところから心掛けましょう!
関連キーワード

関連記事