女性の身体は7の倍数で変化が起こるって本当?詳しいその内容とは?

女性の身体は7の倍数で変化が起こるって本当?詳しいその内容とは?

女性の身体は7の倍数で変化が起こるという話、聞いたことありませんか?なんとなく耳にしたことがあるけれど、どういうことなのでしょうか?調べてみるとどうやら、漢方の考えに基づいたものらしいです。今回はその詳しい内容をまとめてみました。

女性の身体の節目は7の倍数でやってくる

漢方では、女性の身体には「7」を基本とするリズムがあると昔から考えられてきたそうです。
女性の一生を見てみると、月経はほぼ7の2倍の14歳までに始まりますね。続いて、7の3倍の21歳頃までに月経のパターンが整い、女性らしい身体ができあがります。7の4倍の28歳から5倍の35歳くらいまでは成熟期と言われ、身体や性の機能がピークを迎えます。そして7の5倍の35歳を過ぎると、肌が衰えるなどといった老化が始まるのを徐々に感じるようになり、更年期に移ります。そして7の7倍の49歳頃に閉経を迎えると言われています。
月経そのものをみた場合、標準的な月経周期は、7の4倍の 28日前後と言われています。そして月経の標準日数は5〜7日と言われているとおり、女性の身体はいずれも7の倍数でつくられていることがわかります。

女性の身体の変化の時期とどう向き合うか

リラックスして、力を抜くこと。そして酸素を十分に取りいれることが、変化の時期を緩やかに過ごすための基本だそうです。
酸素を取り入れるためには、呼吸だけではなく、水を飲むことでも摂取できます。体調や肌に悪影響を及ぼす体内の毒素を出す何よりの方法は、排尿・排便です。お水を飲むと排便もスムーズになります。
また、わかめやこんにゃく、長いも、山いも、寒天などの糖タンパク質が豊富なネバネバ系の食品は、体内の水分を保つ力があると言われています。
年齢には抗えません。食べ物や運動など、普段の生活を、その時の年齢に適したものを選択していく事が大切です。自分の体質や体調と向き合って、身体の変化の時期を前向きに迎え入れましょう。
関連キーワード

関連記事