薬味だけではもったいない!シソはアンチエイジングにも効果的!

薬味だけではもったいない!シソはアンチエイジングにも効果的!

日本の代表的なハーブのひとつと言われているシソ。薬味として、お刺身に添えられていたり、彩りで天ぷらなどにもよく使われていますよね。そんなシソは美味しいだけではなく健康効果や美容効果が高く、アンチエイジングにも効果的なんです!

アンチエイジングに効果的なシソの栄養素

シソには、ビタミン、ミネラル、ポリフェノール、食物繊維など聞き覚えのある美容成分を豊富に含んだ食材です。
しかもカロリーも約10枚で4kcalとダイエット中でも全く気にせず栄養補給できちゃうスーパーフードなんです。

シソは、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギーの緩和、ダイエット効果、美肌、アンチエイジングなどで注目を集めています!
基本的には赤シソはアレルギー緩和や抗酸化作用などの薬効成分に優れ、青シソはβ-カロテンやビタミンなどの栄養素が多く含まれているそうです。

シソでストレス緩和&美肌効果

アンチエイジングに重要なのは、ストレスをためこまない事と美しく若々しいお肌をキープする事ですよね。
シソに含まれる成分の中から、特にストレス緩和と美肌成分に有効な栄養素についてご紹介します。

【ストレス緩和効果】
シソに含まれるビタミンCやカルシウムには、ストレス耐性を高める効果があると言われています。
ビタミンCには抗酸化作用だけではなく、ストレスを受けた際、副腎から分泌されるホルモンの原料にもなるそうです。このホルモンはストレスが多い程、消費が激しく、不足すると副腎の機能低下によりストレス耐性が低下してしまうようです!まさに魔のループですね。
また、シソの葉は生薬として、気分の落ち込みや不安神経症、神経性胃炎などのストレスからくる不調に用いられる漢方薬(半夏厚朴湯)にも配合されているので、ますます効果が期待できそうですよね。

【美肌・美白効果】
シソに含まれるポリフェノール、ビタミンC、β-カロテンなどの抗酸化作用は、紫外線などによる酸化の予防に効果的です。
ご存知、ビタミンCにはコラーゲン生成増進効果、β-カロテンには皮膚を健康に保つ効果がありますよね。
また、ポリフェノールには血液をサラサラにする効果がある為、血行促進効果でくすみやターンオーバーの正常化にも期待できちゃう上に、ポリフェノールの成分のひとつでもあるルテオリンという成分が肝臓の解毒作用を助けてくれるので、シミやそばかすの予防や改善も期待できそう!
抗酸化作用とこれらの作用が相乗する事で、肌のハリの維持、乾燥やくすみの防止、アンチエイジングの大敵であるシワ、シミ、タルミなどを予防してくれる効果が高い食材といえますね。

毎日の食事やドリンクにシソを取り入れて、おいしくアンチエイジングしてくださいね。

関連記事