今年は早目の対策を! 紫外線は美人の大敵です。

今年は早目の対策を! 紫外線は美人の大敵です。

多くの女性がご存知の通り、紫外線は美人の天敵。
本当は1年通してUVケアをすることがベターですが、紫外線量が多くなる5月を前に今から紫外線対策を始めましょう。

意外と知らなかった? 紫外線の身体への悪影響。

一般的に春頃から多くなる紫外線。
紫外線は美肌の邪魔をし、シミやソバカスを促進するということは良く知っていて、何となく毎年夏に日焼け止めを塗っている、と言う方も多いのではないのでしょうか。
しかし、紫外線の身体にもたらす悪影響はそれだけではありません。
では、具体的にどのようなものが挙げられるのでしょうか。

①日焼け

②シミ、ソバカス、ほくろ

③シワ、たるみ

④皮膚がん

⑤免疫機能低下

⑥紫外線角膜炎

⑦白内障

⑧良性腫瘍

など、身体にとってもとても危険なものが挙げられます。

今から本気でUVケア。紫外線撃退!

上記の通り、美肌のみならず、健康にまで被害を及ぼす可能性のある紫外線。
今から紫外線対策をしたいですね。
今まで漠然としていたUVケアの本当の方法をご紹介致します。

①部屋にいる時間も日焼け止めを
窓から通り抜けて日差しが入ってきます。油断せずに肌に優しいタイプの日焼け止めを塗りましょう。

②外出時も勿論日焼け止めを
数時間程度の外出ならばSPF30程度のものを。
海水浴や屋外のスポーツをする際はSPF50程度の汗、水に強いウォータープルーフの日焼け止めを塗りましょう。
また、日焼け止めは基本的に2~3時間おきに塗り直しましょう。

③長袖を着る

④外出時には帽子をかぶる

⑤外出時には日傘をさす

⑥サングラスをかける
紫外線を浴びた目は白内障などの病気のリスクもあがります。
また、目に紫外線を浴びるだけでメラニンが作られ、肌にも悪影響が出てしまいます。

万が一日焼けをしてしまったら…

もし、万が一日焼けをしてしまったと思ったら、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEが多く含まれる食材、抗酸化作用のある食材を食べましょう。

これらの栄養素が多く含まれている食材
・ビタミンB
レバー、卵、大豆、牛乳、ヨーグルトなど

・ビタミンC
柑橘類、ブロッコリー、ほうれん草、ピーマンなど

・ビタミンE
小麦麦芽、卵、玄米、うなぎ、アーモンドなど

・抗酸化作用
トマト、ほうれん草、たまねぎ、人参、モロヘイヤなど

食生活で補えなければ、サプリメントに頼るのも手です。

今年の夏にとどまらず、これからはしっかりUVケアをし、紫外線に負けない健康美人にますます近づいていきたいですね。

関連記事