流行っていたから買ったけど…余った「ココナッツオイル」の活用法

流行っていたから買ったけど…余った「ココナッツオイル」の活用法

美容にとても良いと話題になって注目された「ココナッツオイル」、みなさん一度は耳にしたことありますよね。流行りに乗って買ったはいいけど、実際には使うレシピが少なくて余ってしまった、そんな人はいませんか?

食用以外にもココナッツオイルには活用法がある!?

美容にいいと張り切って買い込んだけど、料理に使うには香りが強すぎて、レシピを選んでしまう。そしてレシピも少ない、結果沢山余ってしまった、という方は少なくないのではないのでしょうか?
食用に買ったココナッツオイルが美容製品としても利用できるのです!
しかも簡単お手軽にできるのです!

ココナッツオイルは25度以下になると固まってしまうので、その場合は湯せんをして溶かしましょう。
入浴中であれば固形でも手で溶かして使用してもいいかもしれません。
また、使用するのはエクストラヴァージンココナッツオイルがおススメです。

ココナッツオイルの5つの活用方法

ココナッツオイルの食用以外の活用方法と効果をご紹介いたします。

1.お風呂上りに
水滴がついたままでも水をはじくことなく肌に馴染んでくれます。
マッサージしながら塗りこめは保湿しつつ血行もよくしてくれるのです!

2.美容液の代わりに
洗顔してすぐに塗るだけで保湿してくれるので、忙しい人にはぴったりです。
化粧水をしてココナッツオイルで蓋をすると乾燥を防いでくれます。

3.ヘアケアに
毛先に少量付けてブローをすると翌日しっとりしてまとまった髪になってくれます。
ただし、量が多いとベタついてしまうので、容量に気を付けましょう。

4.ヘアパック
入浴前に頭皮や髪にすりこんで、シャワーキャップをかぶります。
20分ほどしたら、湯船から上がってシャンプーで洗い流しましょう。

5.入浴剤に
スプーン1、2杯ほどを湯船に入れます。
普通の入浴剤と併用しても大丈夫です。
ベタベタせずしっとりとした肌を体感できるはずです。

これで冬の乾燥をしのぎましょう。

関連記事