美BEAUTE女子必見!うるうる瞳&デカ目に見せる秘訣をご紹介

美BEAUTE女子必見!うるうる瞳&デカ目に見せる秘訣をご紹介

「目は心の窓」と言いますが、魅力的な女性の条件の一つ、それは「瞳の美しさ」。
せっかくバッチリメイクでオシャレに着飾っても、まっ赤に充血した瞳では魅力が半減してしまいますよね。
「うるうる瞳」と、凛とした目力をもつ「デカ目」になる方法とは。

憧れの「うるうる瞳&デカ目」を手に入れよう!

【うるうる瞳の条件って?】
美人の条件の一つでもある「うるうる瞳」。
瞳の大きな女性を思い浮かべる人も多いでしょう。この場合の瞳というのは「黒目の大きさ」のことですよね。
ところが日本人の黒目の大きさは性別や年齢に関係なく、すべての人が11~12mmと同じサイズなんです。
個人差はほとんどないのだとか。
つまり、パッチリとしたうるうるの瞳を印象づけるのは、実は黒目の大きさではなく「まぶた」にあるというわけなんです。

【デカ目の条件って?】
目力を印象付ける「デカ目」。
デカ目に見せるには、実は目の周りの肌のハリが欠かせないポイントだと言われています。
私たちの肌は20代を境に少しずつ老化が進んでいきますが、なかでも皮ふの薄い目元はハリを失いやすい場所なんだとか。
美ボーテ世代の女性にとっては気になるところですよね。
また、目をこすったり過度な目元マッサージを行ったりすることでも目元はダメージを受けやすいのだとか。
目元の「ハリ」を保ち続けることが、デカ目を手に入れる為には大切な要素なんです。

うるうる瞳&デカ目を手に入れる為のとっておきの方法3つ

それでは、「うるうる瞳」と「デカ目」に近づく為にはどのようなアプローチが有効なのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

【うるうる瞳&デカ目を手に入れる為の方法3つ】
(1)適度な瞳の休息&乾燥対策!
疲れ目の原因にもなるスマホやパソコンから出るブルーライトは、瞳の乾燥を促進させてしまいます。
眼球へのダメージも蓄積されやすく、長時間スマホを使用することで目の痛みや疲れを感じ、正常な潤いのベールが保てなくなる可能性もあるのだとか。
モニター画面をしばらく眺めたら、こまめに休憩を挟むようにしましょう。
なお、1時間に対しての休憩の目安は、10~15分程度が良いのだそうですよ。
また、乾燥の気になる冬は目薬を使って瞳の潤いをサポートするのもオススメです。

(2)生活習慣を見直そう!
私たちの瞳は、常に涙のベールに覆われています。
このベールがあることで、瞳がかぴかぴに乾かずにいられるのです。
ですが生活習慣が乱れてしまうと、この分泌量が減り乾燥しやすくなってしまうのだとか。
睡眠不足や偏った食生活、ストレスフルな生活などは要注意。
規則正しい生活サイクルを心がけるようにしましょう。

(3)目元専用「アイクリーム」で保湿ケア!
目元のハリを保つのにオススメなのが、専用のアイクリームです。
次の流れで目元マッサージを行うことでより効果が期待できると言われています。

・目の下に3点ずつアイクリームをのせていく(両目で小さめパール一粒大)
・外側から内側に向かって円を描くようにマッサージ(クリームを優しくなじませるように)
・目頭側のくぼみの部分を5回ゆっくり押す
・残ったクリームを目の上全体になじませる

いかがでしたか?
美BEAUTE女子の皆さんは、今日からでも実践できる3つの方法で憧れの「うるうる瞳」&「デカ目」を手に入れてくださいね!

関連記事