乾燥と戦うみなさん!保湿には××も大事って知っていましたか?

乾燥と戦うみなさん!保湿には××も大事って知っていましたか?

肌を保湿するために化粧水を塗って、乳液を塗って、クリームを塗って...。でも保湿に大事なのはクリームを塗りこむことだけではないんです!アレを気にしないといくら良い基礎化粧品を塗っても肌の乾燥は良くなりませんよ!

乾燥から肌を守るために!××が保湿のカギを握る!

私たちの肌は何層かの層からできています。角質層の奥に顆粒層という層があるのですが、そこに「タイトジャンクション」と呼ばれるものがあります。このタイトジャンクションは細胞同士をくっつき合わせ、細胞と細胞の間の隙間を埋めるという役割をしています。細胞の隙間をしっかりと埋めることにより、そこから水分が出ていくことを防いでくれます。しかし、ある状態になると、このタイトジャンクションが正常に働かなくなってしまうのです。

その状態とは、皮膚の温度が低くなっている状態です!皮膚の温度が低下してしまうと、タイトジャンクションは正常に機能しなくなり、細胞の間に隙間ができ、そこからせっかく塗った化粧水等も出ていってしまい、乾燥が引き起こされてしまうのです。
保湿のカギを握るのは、「皮膚の温度」というわけです!

皮膚の温度を上げて、乾燥を防ぐ!

皮膚の温度を上げるというのは実際にはどのようにすればいいのでしょうか?タイトジャンクションが正常に機能するのに最も適した温度は28度と言われています。外気温が5度下がると、皮膚の温度は1度下がるとも言われており、冬の肌は夏の肌の温度に比べ、だいぶ低くなっていることが分かります。

まず、オススメなのが、マスクをして外に出るということです!マスクをすることにより、皮膚の温度の低下を防ぐと同時に、呼気により、湿度も保ってくれます。帽子や手袋をしてなるべく露出を少なくし、皮膚温度を上げましょう。
また、それでも顔が冷たいという時は温かいペットボトルを首筋などに充てるとだんだん顔が温かくなっていくのが分かります。

いかがでしたか?皮膚が温かい状態であることが保湿にはとても大事ということが分かりました。今まで気持ちがいいからと化粧水を冷やして使っていた方はすぐにやめましょう!化粧水をたくさん使ってもそれでは保湿ができませんよ。
肌は温かい状態をキープして、これで乾燥も怖くないですね!
関連キーワード

関連記事